ロマノフ家と狩り

長い間帝室の権限であるとみなされていたにもかかわらず、ロシアにおける狩りの歴史は、他のどの国々よりも、種類とスケールの両方の点でより豊富である。

長い間帝室の権限であるとみなされていたにもかかわらず、ロシアにおける狩りの歴史は、他のどの国々よりも、種類とスケールの両方の点でより豊富である。

Archive photo
長い間帝室の権限であるとみなされていたにもかかわらず、ロシアにおける狩りの歴史は、他のどの国々よりも、種類とスケールの両方の点でより豊富である。
ロマノフ家の多くのメンバーは、狩りがかなり好きなことで知られていた。それはピョートル大帝の父だったツァーリのアレクセイ・ミハイロヴィチの治世にまで遡り、皇子たちや公たちは定期的に猛禽狩りに出かけていた。帝室のために特別の狩人たちが鷹を捕獲していた。
中世時代のルーシでは、この種の狩りは単なるスポーツではなく、隣国との関係強化の機会としても利用された。鷹は贈り物として近隣の国々に送られた。
猟犬を用いた狩りは、農奴制時代には幅広く行われていた。アレクサンドル2世は優れた狩りの腕前を持ち、幼い頃から息子たちにその実践を仕込んだことで知られていた。
彼の息子のアレクサンドル3世は、子どもの頃に熊狩りにさえも参加したほどだ。結婚してからも、大きな獲物の狩りに出かける機会を逃すことは決してなかった。妻のマリア・フョードロヴナ皇后は、すぐに夫の情熱の対象に強い関心を持つようになった。
彼女は、皇帝家のために組織された狩りが行われた、今日のポーランド領にあるスパラやスキェルニェヴィツェといった遠隔地にまで、喜んで夫に付随した。皇帝夫妻は、リヴァディアの離宮からそれほど遠くないクリミア山脈にも、よく狩猟旅行に出かけた。
乗馬技術に長けた優雅なマリアは、馬に乗って猟犬と鹿の狩りをするのを楽しんだ。
アレクサンドル3世とマリアのどちらも、銃猟が好きだった。二人とも銃に魅力を感じたので、1887年5月9日にはトゥーラの兵器工場を訪問し、それぞれがベルダンII式ライフル銃を進呈された。
ニコライ2世も、獲物を追うことに対する父の情熱を共有していた。彼の日記には、毎日何頭/何匹の鹿、ウサギやヤギをしとめたかが記録されている。「鹿1頭と何頭かのヤギという、小さな捕獲物を手に帰宅した」
「3つの囲い地しかなかった。捕獲物の内容は、大きなイノシシ1頭、3頭のヤギと多数のウサギだった。私が仕留めたのは角の付いたヤギ1頭と、ウサギ2匹だった」
しかし皇帝であっても、運が悪い時や何も捕まらない時がたまにあった。「7:30に母はプライベートの狩りに出かけた。一方の私たちははるか遠くの僻地まで向かったのに、手ぶらで帰らざるをえなかった」
「ウラジーミルと昼食をとった。何も捕獲できなかったにもかかわらず、彼はとても楽しませてくれた。私はウサギを1匹しとめただけだったので、泥の中を引っ張り回されるように、本当に恥ずかしい思いをした」
この狩りが行われた数年後の1898年には、新たに設立された全ロシア狩猟者会議が、普通のキツネ、北極ギツネ、オコジョといった捕食動物の狩りを1年間完全に禁止した。クロテンの狩りが非合法化され、クロテンの特別保護地が設立された。