ロシア人画家による秋の風景画10点

「黄金色の秋」は、画家イヴァン・シーシキンの「松林の朝」に次ぐ最も有名な作品である。この作品で、偉大な風景画家シーシキンは、きわめて写実的なディテールで森を描写した //イヴァン・シーシキン「黄金色の秋」、1888年
イサーク・レヴィタンは、秋を描くことをこよなく愛した。彼は合計100点をこえる秋の風景画を描いた。彼の「黄金色の秋」は、それらの中でも最も人気の作品である。 // イサーク・レヴィタン、「黄金色の秋」、1895年
「秋の風景:ソコリニキ」はレヴィタン特有の風景画で、公園の中を散歩する女性を描いている。興味深いのは、この女性を描いたのはレヴィタン自身ではなく、アントン・チェーホフの兄で、彼の友人だった画家のニコライ・チェーホフだったということだ。 // イサーク・レヴィタン「秋の風景:ソコリニキ」、1879年
レヴィタンにとって、1870年代後半は人生の中でも最も困難な時期のひとつだった。1879年に発令された法令により、ユダヤ人はモスクワに居住することが禁止され、レヴィタンはサルトゥイコヴァに追放され、彼はそこでこの風景画を描いた。 // イサーク・レヴィタン、「楢の森。秋」、1880年
ポレノフが描いた多くの絵画は、オカ川の岸を含め、彼が人生の中でも長い期間を過ごした思い入れのある場所を描いたものである。彼の作品「黄金色の秋」も例外ではなく、それはこの画家による最重要作品のひとつに数えられている。 // ヴァシーリイ・ポレノフ、「黄金色の秋」、1893年
スタニスラフ・ジュコフスキーの作品は風景画だけでなく、彼は貴族の地所内外の装飾も得意とした。「秋、ベランダ」という作品で、彼は、2つの得意のモチーフを組み合わせることに成功した。 // スタニスラフ・ジュコフスキー、「秋、ベランダ」、1911年
「落ち葉」はブロドスキーの最も著名な作品に数えられるものの一つだが、彼が風景画を描いたのはめずらしい。この画家の作品のほとんどは、ソビエトの首脳たち、特にウラジーミル・レーニンとヨシフ・スターリンを描いた肖像画である。 // イサーク・ブロドスキー、「落ち葉」、1913年
イリヤ・オストロウーホフの「黄金色の秋」は、サッヴァ・マモントフが所有していた地所、アブラムツェヴォで描かれた。この地方は、アブラムツェヴォ派を構成した多くの画家によって描かれた。 // イリヤ・オストロウーホフ、「黄金色の秋」、1886年
エフィム・ヴォルコフによって描写された秋は、陽気な色彩の豊かさを表しているのではなく、落ち葉や寒い天候を表している。 // エフィム・ヴォルコフ、「10月」、1883年
ロシアの秋は写実主義者だけではなく、印象派にも刺激を与えた。「秋。ナナカマドと樺」という作品には通常の色彩の豊かさが見受けられるが、より伝統的な風景画とは幾分異なる方法で描かれている。 // イーゴリ・グラバーリ、「秋。ナナカマドと樺」、1924年