ロシア人宇宙飛行士のインスタグラム週間

オレグ・アルチョモフさんは第39次/第40次ISS(国際宇宙ステーション)長期滞在ミッションの一員だ。ミッションは2014年9月まで予定されている。ミッション中、オレグさんは「宇宙に関する事全て」を自身のブログ、ツイッターとインスタグラムで発信する。

ロシア空挺軍の日を祝う朝の「レース」 

 無重力状態では人は浮いてしまうので、宇宙飛行士はハーネスでベルトランナーにくっついている。 

 

国際宇宙ステーションから見る日の出 

 実は、空気が無い状態で太陽を見ると、太陽は白く見える。宇宙での日光は青紫色、青色、緑色、黄色、橙色と赤色が混ざった色である。 

 

クロノフスキー結晶実験を行なう 

 クロノフスキー結晶は磁界における荷電粒子を観察する。科学者達は、微重力状態の磁界における分散物質の制御機能を研究している。 

 

宇宙遊泳前に下着を試着する 

 宇宙服を着なかった場合、人間は宇宙で2分まで生き延びることができる。 

 

宇宙船外活動前に宇宙服の点検をする 

 宇宙遊泳中、宇宙飛行士達は命綱で宇宙船につながれている。人類初の命綱なしの宇宙遊泳に成功したのは、アメリカ人宇宙飛行士ブルース・マッカンドレス2世だった。それはスペースシャトルのチャレンジャー号のSTS-41-Bミッション中、198427日に行なわれた。 

 

バハマ諸島

 

オーロラ 

 オーロラの踊る光は地上で見ても素晴らしいが、宇宙では、太陽のエネルギーと粒子を研究する科学者達の想像力を虜にする。 

 

ドッキング 

 宇宙船が自身の推進力を使って国際宇宙ステーションに結合する際、ドッキング装置が使われる。 

 

カスピ海とペルシャ湾の間 

 オルーミーイェ湖はイランの北西、トルコとの国境から遠くない塩湖である。最大時、中東で最大の湖であり、地球で6番目に大きい塩湖である。 

 

食事を温める(アンズのピューレ、ボルシチ、スパイシーポークとライス、サーモンの缶詰、砂糖入りの紅茶、リンゴのジュースとチョコレート)

 宇宙飛行士は地球にいる時と同じように、一日三度の食事(と定期的な間食)を摂る。食事は食べる順に整理され、トレー付きのロッカーに保管され、浮いて飛んでいかない様にネットで固定されている。食事の時間になると、宇宙飛行士達は厨房エリアに集まる。そこにある給水機には冷水とお湯の両方があり、宇宙飛行士達はフリーズドライの食べ物に水を加える。食べ物は、摂氏71から77の対流式オーブンで温められる。食事に水を加え、温めるのに20分から30分かかる。 

 

 

朝食と夕食 

 国際宇宙ステーションの食事のほとんどは、NASAとロシア連邦宇宙局が提供している。他国の宇宙局も追加の食事や特別な食べ物を提供する。 

 

家族とのコミュニケーション 

 インターネットを利用する為に、宇宙飛行士達は宇宙船上のパソコンを通じて地上のパソコンを使う。その地上のパソコンはインターネットに接続されている。 

 

ブラジルの首都近くの農園

 

南アメリカ上の雲 

 

国際宇宙ステーションから見る月入り 

 潮せき効果により、毎年月は地球からおよそ3.8センチメートル離れて行く。その結果、地球の自転は毎世紀ごとに10.002秒遅くなっている。科学者達は月がどのようにして出来たかは知らないが、一般的には、火星の大きさの物体が地球に衝突した際、衝撃により月が地球から離れたとされている。 

 

ナノ衛生の充電機器修理 

 宇宙飛行士達は、国際宇宙ステーションの組み立てや軌道上の運転に関する事全てに関わっている。宇宙飛行士達は、国際宇宙ステーションのシステムを熟知し、運転の特徴、ミッションの条件や目的、支援システムやそれぞれの実験機器について詳しくなければならない。