チェルノブイリで自分撮り

28年が経過した今、旧ソ連の国々は、いまだにチェルノブイリ原子力発電所事故の後遺症と格闘している。 現在では、1986年4月26日に起きたこの悲劇を回顧しに、観光客が訪れるようになっている。

28年が経過した今、旧ソ連の国々は、いまだにチェルノブイリ原子力発電所事故の後遺症と格闘している。 現在では、1986年4月26日に起きたこの悲劇を回顧しに、観光客が訪れるようになっている。

sergeynika
28年が経過した今、旧ソ連の国々は、いまだにチェルノブイリ原子力発電所事故の後遺症と格闘している。
避難後のチェルノブイリはゴーストタウンと化したが、それでもこの都市に残されているものや原子力発電所の様子を見学しに多くの人々が訪れていることを、Instagram 上で見つかったこれらの写真が物語っている。
多くの人々や旅行代理店が、1970年にチェルノブイリ原子力発電所の隣に建てられたプリピャチ市へのツアーを企画している。
プリピャチは1970年に設立された。原発の労働者たちはこの都市に居住していた。
この都市は、ウクライナの首都キエフから110 キロのところにある。
事故前は5万人の人口があった。
現在、プリピャチの近隣には廃墟と化した廃棄物回収場、村々や空港さえもがある。
プリピャチ、チェルノブイリや周辺の村々に立ち入るには、1日間有効の入場許可証が必要だ。
チェルノブイリ区域の管理当局は、観光客がチェルノブイリの立入禁止区域の他、チェルノブイリ原発の敷地内に訪問することを許可している。
最寄りの観測地点は原子炉を覆う「石棺」から200メートル離れた場所にある。
この場所の放射線レベルは高いが、滞在中にそれほどの被曝をすることはない。
1986年、巨大な放射能の雲が地球上の大陸を覆った。これにより、その下で営まれる過去、現在および将来の生活が一変した。
今日、「チェルノブイリ」という概念にはより幅広い意味合いがあるが、事故を経験した人々にとって、それは大きな存在となっている。
また、この大惨事が自分の運命に多大な影響をおよぼすことに気づいていなかった人々にも影響を与えた。
チェルノブイリ原子力発電所は、一時ソ連で最大の発電所だったが、現在はエネルギーを産出していない。だが、この施設を維持するために莫大なエネルギーが費やされている。