2013年ベスト・オブ・ロシア:都市と農村が融合するロシア建築

この「2013年ベスト・オブ・ロシア」写真コンテストの最終候補作の作品をロシアNOWが紹介するのは、今回が初めてではないし、これが最後になることもないだろう。 今日お届けするのは建築部門だ。
この「2013年ベスト・オブ・ロシア」写真コンテストの最終候補作の作品をロシアNOWが紹介するのは、今回が初めてではないし、これが最後になることもないだろう。 今日お届けするのは建築部門だ。 // 上空から見た聖ワシリイ大聖堂、モスクワ
ちなみに、上空からの眺めは、ほとんどの場合、最高の眺めでもある。// モスクワの全ロシア展示センターの正面入り口の円弧の上に設置された「労働者とコルホーズの女性」像の巨大な足
建築構造がどのように知覚されるかは、照明や周辺環境によって大きく左右される。 同じ建造物でも、魅惑的な宮殿に映ることもある // カップル、モスクワ
あるいは最も憂鬱なおとぎ話のお城に見えることもある // モスクワの「モルドール」。 この写真は、モスクワ中心部の街灯が点灯される直前の夕刻に撮影された。
観点によっては全く異なる効果が得られる // ある有名なモスクワの橋から見た眺め
一流の建築家は奇抜な建物を思いつくものだ // ソコリニキの団地、モスクワ
しかし、大多数の人々が住んでいるのはコンクリートの箱形の住居だ // ヴォルゴグラードの貧民街
一方で、豪華なインテリアが1世紀分の塵に覆われることもある // 貧困の輝き、ニジニ・ノヴゴロドで:これは、建造以来100年以上が経った現在のレーニン文化宮殿の様子だ。
そして、進歩を目指しているにもかかわらず、過去を思い起こさせるものが各所にある // レーニンからの挨拶、ヴォルゴグラード
大都市に見受けられる建築様式は多様であるため、時に頭が混乱することがある // 「母なる祖国像」を製作した彫刻家、エフゲニー・ヴチェーティチのモスクワの自宅/ワークショップ中庭にある、母なる祖国像の頭部
しかし、建築は都市だけのためにあるのではない // 古代モンゴルの古都で、現在のアストラハン地方に位置するサライ・バトゥ
しかし、建物の保存状態にがっかりさせられることも時にある // トゥーラ州マスロワ村の近く、クラシワヤ・メーチャ川の川岸にある、1805年建立の天使首ミハイル教会。
しかし、周囲の景観に溶け込んでしまう建築物があることも確かだ。 // 中央ロシアには、かつて人口の多い村々が存在していた場所が多数ある。 これらのコテージや住人は、現在では周囲の地形の一部と化してしまったが、この教会だけは依然として、当時この地方で暮らしていた人々の面影を残している。 トヴェリ地方の河川のU字型湾曲部
この地の果てでさえも、すばらしい建造物が存在するのだ / ウラジオストクのトカレフ灯台。