ニキータ・フルシチョフの十戒

1. 子どもを育てなさい。 // フルシチョフには4人の子供がいた。レオニードは飛行士だった。ユリアはキエフ・オペラのディレクターの妻だった。別の息子のセルゲイは、エンジニアと教授の職についた。そして、ラーダはジャーナリストで、大手の新聞「イズベスチヤ」のアレクセイ・アズーベイ編集長の妻だった。 この写真にはニキータ・フルシチョフと共に娘が写っている。

1. 子どもを育てなさい。 // フルシチョフには4人の子供がいた。レオニードは飛行士だった。ユリアはキエフ・オペラのディレクターの妻だった。別の息子のセルゲイは、エンジニアと教授の職についた。そして、ラーダはジャーナリストで、大手の新聞「イズベスチヤ」のアレクセイ・アズーベイ編集長の妻だった。 この写真にはニキータ・フルシチョフと共に娘が写っている。

Getty Images / Fotobank
ニキータ・フルシチョフの生誕120周年を記念して、ソ連の指導者が発した最も鮮明なメッセージをロシアNOWが回想する。
2. トウモロコシを栽培しなさい。 // 「ライフ」誌の表紙には、1959年10月5日の米国外遊中にトウモロコシの穂を高く持ち上げるフルシチョフが写されている。
3. 自国の指導者は育てるべからず。(スターリンの死後、フルシチョフはスターリン、彼が培った個人崇拝と彼が犯した罪を糾弾した) // ソ連モスクワのレーニン廟の高座に立つヨシフ・スターリンとニキータ・フルシチョフ、1935~1937年頃。
4. 『マッドメン』の登場人物のような格好をしなさい。 // ソビエト連邦の最高指導者を務めたニキータ・フルシチョフ(右)と、ユーゴスラビアのヨシップ・チトー大統領。イストリア半島沿いの観光ツアーでのポドゴルカ号の船上。
5. 毎日家族にハグをしなさい。 // 子どものグループと幾人かの大人(家族である可能性あり)と共に笑顔でポーズするソビエト連邦のニキータ・フルシチョフ首相の肖像写真。ソビエト連邦、1962年。
6. たまには友人にもハグをしなさい。 // ニューヨークの国連で顔を合わせたキューバのフィデル・カストロ首相と、ソ連のニキータ・フルシチョフ首相との間の陽気な会合。1961年9月20日。
7. 同盟国の文化に関心を示しなさい。 // ビルマのウ・バシュウェ国防相が指導する中、ソ連共産党の第一書記で共産主義の旗手であるニキータ・フルシチョフ首相は、ラングーン訪問の際にビルマの太鼓に挑戦する。1955年。
8. 対抗するイデオロギーの人々に挨拶しなさい。 // 渡米中のニキータ S. フルシチョフと妻。
9. 相手に気に入ってもらえるような発言をしなさい。 // フルシチョフと米国の ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ大統領。1961年6月4日、オーストリアのウィーンで。
10. それに失敗したら、クジカの母親に会わせなさい。 (ロシア語の慣用句で「クジカの母親を~に会わせる」とは、「思い知らせる、焼きを入れる」の意味だが、ソ連の外交関係においていつの間にか「残忍な方法で~を痛い目に遭わせる」という意味が加えられ、ニキータ・フルシチョフ首相のイメージとして定着した。 //U-2偵察機の事件を巡ってアメリカが謝罪を拒否したことを理由に、軍縮サミットのキャンセルを発表する記者会見の席で、他のソ連の官僚と共にマイクの設置された机の前に立ち、 握りこぶしを高々と上げててまくし立てるソ連のニキータ・フルシチョフ首相。