販売されなかったロシアのコンセプトカー12台

VAZ Xは試験的なコンセプトカーで、そのボディはワゴンの形状をしていた。VAZにより製作され、その年代は1990頃と推定されている。 この自動車は、海外のものも含むいくつもの専門出版物で取り上げられたが、その入手方法について特別な情報は含まれていなかった。 知られている実物は1台のみで、この車に搭載された高度技術は、後に現在も製造されているワゴン車のVAZシリーズに転用された。 オリジナルのVAZ Xモデルは現存していない。

VAZ Xは試験的なコンセプトカーで、そのボディはワゴンの形状をしていた。VAZにより製作され、その年代は1990頃と推定されている。 この自動車は、海外のものも含むいくつもの専門出版物で取り上げられたが、その入手方法について特別な情報は含まれていなかった。 知られている実物は1台のみで、この車に搭載された高度技術は、後に現在も製造されているワゴン車のVAZシリーズに転用された。 オリジナルのVAZ Xモデルは現存していない。

sovcarhistory.ru
ラーダ・ラパンは、アフトヴァース社の技術開発部門のエンジニアと設計者たちにより製作されたロシア製電気自動車だ。 この実験モデルは、1998年に発表された。 制御ユニットはハンドルの内側にエアバッグとともに収められている。このモデルは、ローマで開催された「パリ98」国際モーターショーにおいて初公開された。 ロシアには電気自動車のためのインフラがなかったため、この車は小規模生産も連続生産もされることがなかった。
ラーダ・ピョートル・ターボSTCにより、セルゲイ・シネルニコフ率いるアフトヴァース社の設計者たちは、空気力学的性能に優れた1人用自動車のビジョンを提示した。 興味深い1つの事実は、屋根部分が凸状ではなく、わずかにへこんでいるということである。 2000年にパリモーターショーで発表されたこのモデルのデザインは、海外の専門家から高い評価を受けた。 しかしこれは、文字通りモデルでしかなかった。ドアには塗装が施され、開けることさえできなかったのである。 この構想は設計段階から先へ進むことはなく、モデルが博物館に現存するのみである。
ラーダ・ロードスターは、著名なカーデザイン学校「エスペラ・スバッロ」の卒業生で、「実物」で自分の能力を実証することを熱望するトリヤッチの設計者セルゲイ・ヌージニーが手がけた最初の作品だった。 ラーダ・ロードスターは、ロシアのコンセプトカーの中でも稀で特異なものだ。小規模ながらも製造が続いている。しかし、内部にアルファロメオ製のGTVを搭載しているため、値段も法外なのだ。
ラーダ C コンセプトは3ドアのスポーツハッチバックで、アフトヴァース社と、一連のプロジェクト C モデルを提供するカナダのマグナ・インターナショナル社の提携によって開発された自動車の一つだ。 On March 6, 2007年3月6日、アフトヴァースは第77回ジュネーブ国際モーターショーである試験的なモデルを発表し、多くの肯定的な評価を得た。 この自動車の価格はおよそ1万2,000ドル(45万ルーブル)である。 しかし、世界的な経済危機のため、このプロジェクトは2009年に棚上げにされた。
ラーダの新規 4x4 シリーズの小売向けハッチバックは、2017年から2018年にかけて大量生産体制に入る予定だった。 自動車メーカーによるこの新たな開発は有望であるかのように思われたが、後にロシアのこの大手自動車メーカーは、同社が提案した4輪駆動のラーダ・カリーナの製造を断念した。この車は、2007年時点にすでにコンセプトカーとして提示されていたものだ。 アフトヴァースは、後車軸を追加するとさまざまな改良が必要になるため、会社への負担が増加すると見込んだ。 抵抗の最も少ない道を優先した結果、代わりに別のモデルが選ばれた。
2008年パリ・モーターショーでは、アフトヴァースはコンセプトカーのラーダ・レボリューション III を発表したが、これは次世代ロシア製スポーツスター車を開発する5年間を費やす取り組みが結集されたものだった。 2009年には、ドイツのニュルブルクリンクのレーストラックで一連の路上テストが実施された。 このラーダには、MoTeC 制御ユニットとポルシェ製クーペボディとともに、2リッター245馬力のルノー製 F4R774 ターボエンジン(310ニュートンメートル)が搭載されている。 ラーダ・レボリューションIIIは、同等のエンジンを装備したポルシェ・ケイマンよりも速い。 しかしこのモデルは、それ以上レースに参加することも、大量生産されることもなかった。
カルディ・テトラ・ネクストは、アクティブレジャー向けのオフロード用四輪駆動車のコンセプトカーで、1997年に発表された。 2人乗りのタルガタイプのボディは余裕いっぱいのフレームに載せられているが、シャーシは VAZ-2121 ニーワをベースとしている。 このモデルは大量生産を目的としていたが、コンセプトカーの域を出ることがなかった。ロシアの自動車業界にもう少し高級感をもたらそうと試みたエンジニア兼愛好家セルゲイ・アリシェフによる、もう一つの失敗作である。
1998年のカルディ・クラーラ・カブリオレは、紛れもなく「オートクチュール」と表現するにふさわしい作品で、製作されたのはわずか1台だ。 カルディ・クラーラは、設計者セルゲイ・アリシェフの夢が実現されたものだ。 セルゲイは、ロシアの自動車業界の可能性を信じてやまなかった。現在、彼はロシアでの自動車の小規模生産を支持している。 手作りで組み立てられたカルディ・クラーラは、彼のコンセプトを具現している。
ヨー・モービルは、ロシアで設計・企画されたハイブリッド車のコンセプトで、電気駆動と、ガソリン内燃機関とアキュムレーターから得られた動力を組み合わせることを目指している。 このプロジェクトは、ロシア人新興財閥、ミハイル・プロホロフによって支援された。 開発担当者によると、工業生産は2015年初めを予定していたが、2014年2月には、インサイダー情報がプロジェクトの打切りを示唆した。
「プーチンのリムジン」としても知られる ZIL-4112R は、政府最高層の人物を対象顧客の念頭に置いており、 JSC Depo-Zil により製造された。 ZIL-4112R で設計者が目指したのは、レオニード・ブレジネフ、ミハイル・ゴルバチョフ、ボリス・エリツィンなどの、ソ連とロシアの指導者の移動に使われた、VIP向け製品ラインの継続性と拡張をアピールすることだった。 この車両はエリート層を対象としていたため、他のコンセプトカーとは異なり、大量生産は念頭に置かれていなかった。
2006年、ロシアの自動車メーカー、ルッソ・バルティークはドイツ企業のゲルク社と提携し、ルッソ・バルティーク・インプレッションのコンセプトカーを開発した。 この車は、欧州では2006年のコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステおよび2007年のジュネーブ・モーターショーで公開された。 ミュンヘンに拠点を置くゲルク社は、このプロジェクトのために同社の生産施設を貸与している。 興味深い特徴としては、LEDライトや透明度の調整が可能な屋根などがある。 この車では年間10〜15台の小規模製造が見込まれ、価格は180万ドル程度に設定されていた。 複数の注文を受けたが、生産には至らなかった。