RBTH Moskvich-G2. A record-breaking racing car designed by I.A. Gladilin and I.I. Okunev, built in 1956. The Moskvitch G2 set three Soviet speed records in long-distance racing. It competed in the 1959 USSR Championship and won in the under 2500cc class. The Moskvitch G2 was no longer used after 1960 and written off in late 1963. Only two <a href=articles/2012/11/16/communist_automobile_exports_and_their_foreign_fans_20153.html target=&quot;_blank&quot;> <u>were built</u> </a>, and both were dismantled for spare parts. The Chirkey Dam was built in complex geological conditions, as it is located in a seismically active zone. The Winter Palace, the Russian Empire&#039;s official residence in the 18th-20th centuries. Located in the heart of Saint Petersburg, this former imperial palace is now part of the Hermitage State Museum&#039;s complex. / Empress Maria Alexandrovna’s Crimson Cabinet Lena Pchelkina is a simple hairdresser in the village of Verkhnezeysk, Amur Region at the east end of Russia. What makes her life special? She is a rare professional hairdresser in these areas. A few times a month she uses the Baikal-Amur railway to get to the most distant villages with the only aim - to make people more beautiful. RBTH RBTH In honor of the 130th anniversary of the birth of Russian artist Zinaida Serebryakova (December 12, 1884), the Tretyakov Gallery in Moscow is hosting an exhibition of the Paris period of her work. Many of the exhibits are on display in Russia for the first time. Also on show are pictures by her children Alexander and Yekaterina. The exhibition will run till March 30. \ Self-portrait, 1921 RBTH
ロシアの画家が描いた春TOP14 北カフカス最大の水力発電所

ソ連で開発され忘れられた12台のコンセプトカー

  RBTH
Moskvich-G2. A record-breaking racing car designed by I.A. Gladilin and I.I. Okunev, built in 1956. The Moskvitch G2 set three Soviet speed records in long-distance racing. It competed in the 1959 USSR Championship and won in the under 2500cc class. The Moskvitch G2 was no longer used after 1960 and written off in late 1963. Only two <a href=articles/2012/11/16/communist_automobile_exports_and_their_foreign_fans_20153.html target=&quot;_blank&quot;> <u>were built</u> </a>, and both were dismantled for spare parts.
スクロールしてもっと見よう

avto-cccp.ru

モスクヴィチ-G2。I.A.グラディリンと I.I.オクネフによって設計され、1956年に製造された、当時の記録を塗り替えたレーシングカー。 モスクヴィチ-G2は、長距離レーシングにおけるソ連のスピード記録3つを塗り替えた。この車は1959年にソ連選手権に出場し、2500cc未満の排気量クラスで優勝した。モスクヴィチ-G2は1960年以降使用されなくなり、1963年後半には開発が打ち切られた。 他に2台が製造されただけで、その両方ともスペアパーツ用に解体されてしまった。
Laura. In January 1982, in a small workshop on the outskirts of Leningrad, two young men, Dmitry Parfenov and Gennady Hainov, decided to create a car of their own making. Interestingly, unlike the majority of home-made cars, it was built almost entirely without factory parts — even the engine was designed and hand-built by the two enthusiasts. The car was highly praised by then General Secretary of the Communist Party Mikhail Gorbachev and took part in numerous <a href=articles/2012/06/05/the_soviet_cars_that_emigrated_to_the_west_15805.html target=&quot;_blank&quot;> <u>international exhibitions</u> </a>, but was never mass produced.

drive2.ru

ローラ。1982年1月、レニングラード郊外の小さな工場で、ドミトリー・パルフョノフとゲンナジー・ハイノフという名の2人の若者が、独自の自動車を製造することにした。興味深いことに、大半の自家製自動車とは異なり、その車は工場出荷部品をほとんど使わずに作られた。エンジンに至るまでもが、2人の愛好家によって設計され、手で組み立ててられた。この自動車は、当時のミハイル・ゴルバチョフ共産党書記長から多大な称賛を受け、数多くの国際展示会にも出品されたが、大量生産されることはなかった。
YUNA. A homemade car conceived by engineer and car enthusiast Yuri Algebraistov in 1969, but assembled only in 1977. The machine was highly praised and won numerous awards at international exhibitions. However, it did not go into mass production. Only two were built, and one survives to this day. On the road since 1977, it has clocked up more than half a million kilometers.

drive2.ru

YUNA。この自家製自動車は、1969年にエンジニアで自動車愛好家のユーリ・アルゲブライストフ氏によって考案されたが、組み立てられたのは1977年になってのことだった。この車は非常に高い評価を獲得し、国際的な展示会で数々の賞を受賞した。しかし、大量生産には至らなかった。製造されたのは2台だけで、そのうちの1台が今日でも現存している。1977年以来走り続けているこの自動車の走行距離は、50万キロを超えている。
NAMI Okhta. The Okhta automobile was built in 1986-87 at the Leningrad Laboratory of Advanced Prototyping of Light Vehicles by NAMI (the Central Automobile Research Institute). This concept car could seat a maximum of seven: the second and third seat rows were removable, while the front could be rotated through 180°. The rear seat folded into a handy table. At that time, the multiplex system — in a Soviet car no less — was pure science fiction. The only instance, restored after a crash, is on display in a museum.

forum.allgaz.ru

NAMI アフタ。 アフタ自動車は、1986年から1987年にかけて、レニングラード軽自動車高度プロトタイプ研究所でNAMI(中央自動車研究所)により開発された。 このコンセプトカーの最大乗員数は7人で、2列目と3列目の座席は取り外し可能だ。最前列の座席は、180°回転させることが可能である。後部座席を折り畳むと、便利なテーブルとして利用できる。 それまで、このような多目的システムは純粋なサイエンスフィクションでしかなかったが、それがなんとソ連製の自動車で実現されたのである。その唯一の車体が、衝突事故後に復元され、現在博物館に展示されている。
Istra. This car is one of the most interesting developments by the once popular AZLK: it was developed in the period 1985-1988 under the “Istra” project. It was equipped with automatic transmission, fuel-efficient diesel engine, and air conditioning as standard. But the project never got off the drawing board. Today, a prototype of the vehicle is housed at an abandoned AZLK plant.

nnm.me

イストラ。 この車は、かつて人気だったAZLKにより開発された最も興味深い車の一例である。これは「イストラ」プロジェクトの下、1985年から1988年の期間に開発された。 この車は、自動変速機、低燃費ディーゼルエンジンとエアコンを標準装備していた。 しかし、このプロジェクトが設計図をよりも先の段階に進むことはなかった。 現在、この自動車のプロトタイプがAZLKの工場跡に収容されている。
Gaz-Aero. Created in 1934 by designer Alexei Nikitin as a result of a study entitled “Automobile aerodynamics and streamlining,” which was essentially this young engineer’s student dissertation. The body of the GAZ-A-Aero had a wooden frame and metal casing. Only one was built and its whereabouts are unknown.

thecharnelhouse.org

ガス・アエロ。「自動車における空気力学と流線形化」と称する研究の結果、設計者のアレクセイ・ニキーチンによって1934年に考案されたが、この論文は基本的にこの若きエンジニアの学術論文だった。 GAZ-A-アエロの本体には木製フレームと金属製ケーシングが用いられた。組み立てられたのは1台だけで、その行方は不明である。
Pobeda-Sport. In total, Podeda-Sport vehicles won three USSR championships (1950, 1955, 1956). It was the first truly successful Soviet sports car. However, that is not surprising when you consider that it was designed by an aeronautical engineer. The car is of interest both as an experimental automotive design by an aircraft constructor and as an example of the peaceful use of military technology.

bibipedia.info

ポベーダ・スポルト。 ポベーダ・スポルトは、ソ連選手権で合計3回の優勝を収めた(1950年、1955年、1956年)。 これは、真の意味で成功した最初のソビエト製スポーツカーだったといえる。 しかし、この車が航空エンジニアによって設計されたことを考慮すると、その成果はうなずける。 この車は、航空機設計者による実験的な自動車設計であるという点と、軍事技術の平和利用の一例であるという点の2つの理由により、興味深いものだ。
Pangolina. Another homemade sports design, it was the brainchild of engineer Alexander Kulygin, who also produced a six-wheel all-terrain vehicle and a concept car, both for the military. The Pangolina was built in 1980 and very successfully. Together with its creator, it featured in various Soviet racing competitions and even visited the “EXPO 85” International Auto Exhibition in Plovdiv, Bulgaria. The car was used in Soviet pop clips. It is now in a museum.

drive2.ru

パンゴリナ。これもまた、自家製スポーツカーのデザインである。6輪の全地形万能車とコンセプトカーの両方を軍事目的に開発したエンジニア、アレクサンドル・クリギンが考案したものだ。パンゴリナは1980年に製造され、大きな成功を収めた。この自動車はその作成者と共に様々なソ連のレース大会に出場し、ブルガリア、プロヴディフの「EXPO 85」国際自動車展示会にも出品された。 この車はソビエトのポップクリップにも使用された。現在は博物館に展示されている。
ZIS-112. The design of this car was truly avant-garde. In the finest traditions of dream-mobiles, it was a huge, almost six-meter long three-seater with a round radiator grille and a single headlamp, weighing in at two and a half tons. The car was built in 1951 and competed in several races, but in 1955 was decommissioned and ended its life on the scrap yard.

blogber.ru

ZIS-112。この車のデザインは実に前衛的だった。 夢の自動車の伝統を象徴するようなこの車は、巨大で、車体の長さは6メートルもあり、3つの座席、円形のラジエーターグリルと1つのヘッドランプが特徴で、重量は2トン半だった。 この自動車は、1951年に製造され、いくつかのレースに出場したが1955年に退役し、屑鉄回収場で終焉を迎えた。
Belka. Back in the late 1940s, Yuri Dolmatovsky, brother of Soviet poet Yevgeny Dolmatovsky, pondered the pros of wagon-style design. It was his involvement that led to the development of the first Soviet passenger MPV. Alas, Dolmatovsky’s efforts, which found favorable reviews even in the pages of foreign automotive publications, failed to win support from above. Only a single prototype was made, and even that was scrapped in 1954. Seven years later, the Chevrolet Corvair Greenbrier appeared on the U.S., based on Dolmatovsky’s ideas.

sovcarhistory.ru

ベルカ。1940年代の後半、ソビエト詩人エフゲニー・ドルマトフスキーの弟にあたるユーリ・ドルマトフスキーは、ワゴンスタイルデザインの利点について考えを巡らせていた。 ソビエト初のMPV乗用車の開発に至ったのは、彼の関与によるところが大きい。 あいにく、外国の自動車出版物上でも好評だったドルマトフスキーの尽力にもかかわらず、上層部からの支持を得ることはできなかった。 単一のプロトタイプが作られたのみで、それさえもが1954年に廃車にされた。7年後、シボレーのコルヴェア・グリーンブライアが、ドルマトフスキーのアイデアを基に、米国で発売された。
VNIITE PT. Back in the 1950s, Soviet experts understood the need for a specialized taxi car. Heeding their opinion, the Council of Ministers issued a decree in 1962 on the development of a minivan. Only one instance was built, since production was deemed unprofitable. But take a look at the Nissan NV200 Taxi, coursing the streets of New York and London, and you’ll be hard pressed not to notice a whole heap of similarities with the Next Generation Taxi from VNIITE (the All-Union Scientific Research Institute for Technical Aesthetics).

21mm.ru

VNIITE PT。1950年代の当時、ソ連の専門家たちはタクシー専用車の必要性を先取りしていた。 彼らの意見を聞き入れた閣僚会議は、ミニバンの開発に関する通達を1962年に発表した。 この自動車の生産は不採算と判断されたため、1台が作られただけだった。 しかし、ニューヨークとロンドンの街を走る日産NV200のタクシーを見てみれば、このタクシーと VNIITE(産業技術的美学のための全連邦科学研究所)の「次世代タクシー」との間に存在する類似点に気づかずにはいられない。
Gaz-Torpedo. Another sports concept car from Soviet aircraft builders. In 1951, attempting to create a new vehicle, aeronautical engineers designed a new body completely from scratch. Using the same aircraft materials (duralumin and aluminium), designer A. Smolin built a tear-shaped streamlined body 6.3 m long, 2.07 m wide, and 1.2 m high, weighing a total of 1100 kg. Unfortunately, the car did not stand out for its speed and remained a prototype, but one survives to this day and is now on museum display.

sovcarhistory.ru

ガス・トルぺード。ソ連の航空機製造者の手による、もう一つのスポーツコンセプトカーだ。 1951年、新車の開発を試みる航空エンジニアたちが、まったく新しいボディを一から設計した。 設計者のA.スモーリンは、航空機と同じ素材(ジュラルミンとアルミニウム)を使って、長さ6.3メートル、幅2.07メートル、高さ1.2メートルで総重量1100キロの、滴型の流線型ボディを構築した。 あいにくこの車は速度が優れなかったため、プロトタイプのまま製造されることはなく、現存するのは博物館に展示されている1台のみである。
2014年3月18日
Tags: ソ連

もっと読む

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!