世界報道写真展:チェルノブイリの余波やチェチェン紛争など

「バスケットボール」ソ連のバスケットボールの伝説、ウヴァヤ・アフタィェフ。1956年、スポーツ部門第一位。//セルゲイ・プレオブラジェンスキー

「バスケットボール」ソ連のバスケットボールの伝説、ウヴァヤ・アフタィェフ。1956年、スポーツ部門第一位。//セルゲイ・プレオブラジェンスキー

ITAR-TASS
審判が見守る中、卓球の国際大会でプレーする選手達。1985年、スポーツ部門第一位。//セルゲイ・グネィェフ
「宇宙にいるスヴェトラナ・サヴィツカヤ」1984年7月25日、ソユーズ12の飛行中に撮影。1984年、芸術科学部門名誉賞。// ウラジーミル・ジャニベコフ
「限りない絶望」アルメニアの地震後、1988年12月7日にスピタクで撮影。1988年、時事部門第二位。//アレクサンドル・コパチョフ
「韓国との国境にいる北朝鮮兵士」2005年、日常生活部門第一位。//セルゲイ・マクシミシン
「革命への道」石油精製所で有名なリビアの港町、ラスラヌフをめぐって戦う反体制派勢力。2012年、時事部門第一位。//ユーリー・コジレフ
「チェルノブイリ夏日記」シリーズより。1986年、科学技術部門第一位。//イーゴリ・コスティン
「レーニン像と10万人のデモ参加者」、バクー、アゼルバイジャン。1989年時事部門第一位。//アンドレイ・ソロヴィヨフ
「ヴェリコレツコエ村の宗教儀式」、キーロフ州。1995年、日常生活部門第二位。//ウラジーミル・ショーミン
「掃討作戦」グロズヌイ、チェチェン共和国。2000年、時事部門第一位。//ウラジーミル ・ヴァレングリン
「百一歳の誕生日」妻とともに自宅にいる伝説の写真家、イーゴリ・モイセーエフ。2007年、日常生活部門第三位。//ウラジーミル・ヴャトキン