サンクトペテルブルクの顔

ロシア人ブロガーが、サンクトペテルブルクの歴史的中心部にある古い建物を捉える。
ピョートルの街は1930〜50年代のスターリン主義再建築によって傷つけられる事はなかった。魅力的な古い建物のおかげで、サンクトペテルブルクの都心部は特に美しい。
サンクトペテルブルクの歴史的中心部にあるすべての建物はユニークである。
市には2万以上の建物がある。
その多くは、築100年以上である。
多くの建物は見た目は古いが、魅力的であり続ける。
これらの壮大な建築物は、ロシア帝国の過去の栄光を象徴している。
撮影された建物のほとんどは、サンクトペテルブルクの中央地区にあるリテイヌイ通りの近くにある。
この通りが作られたのは、1738年にネフスキー大通りからネヴァ川ほとりの鋳物工場への道を作る為に森が伐採された時であった。
ネクラーソヴァ通り、10。 創立82年の大人形劇場はここにある。