初期の映画女優たち

ヴェラ・ホロドナヤ(1893 - 1919)、ロシアの偉大なる無声映画女優。ホロドナヤ(旧姓レフチェンコ)は10歳の時にバレエにあこがれ、ボリショイ劇場のバレエ学校に入学させてほしいと親に頼んだ。1910年にギムナジウムを卒業し、法学部の学生、ウラジーミル・ホロドヌイと出会う。その年に結婚。映画デビューは1914年。すぐにロシアでもっとも人気のある女優になった。1919年初めにいくつかの映画の撮影に参加。撮影はスペイン風邪が大流行していたオデッサで行われ、自身もこの病気を患った。1919年2月17日、無声映画の女王は帰らぬ人に。26歳の若さだった。

ヴェラ・ホロドナヤ(1893 - 1919)、ロシアの偉大なる無声映画女優。ホロドナヤ(旧姓レフチェンコ)は10歳の時にバレエにあこがれ、ボリショイ劇場のバレエ学校に入学させてほしいと親に頼んだ。1910年にギムナジウムを卒業し、法学部の学生、ウラジーミル・ホロドヌイと出会う。その年に結婚。映画デビューは1914年。すぐにロシアでもっとも人気のある女優になった。1919年初めにいくつかの映画の撮影に参加。撮影はスペイン風邪が大流行していたオデッサで行われ、自身もこの病気を患った。1919年2月17日、無声映画の女王は帰らぬ人に。26歳の若さだった。

Leonid Mileev
ヴェラ・カラリ(1889 —1972)、ロシアの有名なバレリーナ、振付師、無声映画女優。1906年にボリショイ劇場のソリストになり、セルゲイ・ディアギレフ率いる海外公演「バレエ・リュス」にも加わった。1914年に映画「覚えてる?」でデビュー。この映画ではチャルドィニン監督自身が相手役を務めた。短い期間で無声映画時 代のスターの一人になった。1917年のロシア革命の後、ロシアを去った。1972年11月16日にオーストリアで死去。
オリガ・クニッペル・チェーホワ(1868-1959)、ロシアの優れた女優、ソ連人民芸術家(1937)、ソ連国家賞受賞者(1943)。 1898年に創設間もないモスクワ芸術座に採用。作家アントン・チェーホフの妻として、チェーホフの作品の女性役を初めて舞台で具現化。「かもめ」のアル カージナ、「三人姉妹」のマーシャ、「桜の園」のラネーフスカヤなどを演じた。無声映画にも出演した。
オリガ・クニッペル・チェーホワ(1868-1959)、ロシアの優れた女優、ソ連人民芸術家(1937)、ソ連国家賞受賞者(1943)。 1898年に創設間もないモスクワ芸術座に採用。作家アントン・チェーホフの妻として、チェーホフの作品の女性役を初めて舞台で具現化。「かもめ」のアル カージナ、「三人姉妹」のマーシャ、「桜の園」のラネーフスカヤなどを演じた。無声映画にも出演した。
ヴェーラ・マリノフスカヤ(1900 – 1988)、ソ連の無声映画のスター。1925年、プーシキンの作品をもとにした、ユーリー・ジェリャブシュスキー監督の映画「14等官」に出演し、本物のスターになった。 1927年、「メアリー・ピックフォードの接吻」で、無声映画のスターであるメアリー・ピックフォードと共演。1928年、ドイツの映画制作会社「エメルカ」が、カール・グルーネ監督の映画「ワーテルロー」への出演を依頼。ソ連当局にドイツへの渡航の必要性を訴えて出国。その後帰国することはなかった。 1988年にモナコで死去。
アーラ・ナジモワ(本名ミリアム・レヴィントン、1879 -1945)、世界の無声映画でもっとも人気があり、目立つ女優の一人、プロデューサー、脚本家。17歳でモスクワに行き、創設間もないモスクワ芸術座で 演技を始める。徐々に成功し、世界中で公演し始める。1905年、夫のパーヴェル・オルレネフとロシアから亡命。1916年、プロデューサーのルイス・セルズニックから、映画「戦時花嫁」への出演を依頼される。映画制作会社「メトロ」は、1週間1万3000ドルの契約をナジモワと結んだ。このようにして、 アメリカでもっとも高額な映画スターになった。メアリー・ピックフォードですらこれより少なかった。数十作品に出演し、ハリウッド・ウォーク・オブ・ フェームでは、2つの星でアメリカの芸術界への功労が記されている。
ユリヤ・ソルンツェワ(1901 — 1989)、人気の映画女優、監督、脚本家、映画「戦場」で1961年にカンヌ国際映画祭監督賞にノミネート。モスクワ大学歴史・文学部で学ぶ。「アエリータ」(1924)、「タバコ売りの娘」(1924)、「大地」(1930)などの映画に出演。偉大なるA.P.ドヴジェンコ監督の妻。
アネリ・スダケヴィッチ(1906 – 2002)、有名なソ連の女優、衣装デザイナー。1927年から1933年まで、映画撮影所「メジュラブポムフィリム」の女優。1934年から衣装デザイ ナーを始める。映画「女性の勝利」でかぶったココーシニクは、アメリカの女優であるメアリー・ピックフォードが撮影所を訪れた際、ピックフォードにプレゼントされたと言われている。
ニーナ・シャテルニコワ(1902-1982)、有名なソ連の女優。レニングラード・コメディー劇場と、俳優劇場・スタジオの女優だった。約30作品に出演しており、一番最初の映画が「鉄の踵(かかと)」(1919)だった。
オリガ・チェーホワ(旧姓クニッペル、1897 - 1980)、優れた女優。偉大な俳優ミハイル・チェーホフ(作家A.P.チェーホフのいとこ)の妻。おばはチェーホフの妻のオリガ・レオナルドヴナ・クニッペル・チェーホワ。アドルフ・ヒトラーがオリガのファンで、ドイツ亡命後にドイツ国国家女優の称号を与えた。だが、オリガがソ連の情報機関のために働いていたという証拠が多々ある。確かな事実は、オリガがとても人気のある女優だったということだ。