「春の祭典」初演から100年

百年前、パリのシャンゼリゼ劇場は、セルゲイ・ ディアギレフの「バレエ・リュス」(ロシア・バレエ団)による「春の祭典」のスキャンダラスな初演の舞台となった。音楽はイーゴリ・ストラヴィンスキー、振付はヴァーツラフ・ニジンスキー、舞台美術と衣装はニコライ・レーリヒによる。//「春の祭典」の初演のための装飾、1913年

百年前、パリのシャンゼリゼ劇場は、セルゲイ・ ディアギレフの「バレエ・リュス」(ロシア・バレエ団)による「春の祭典」のスキャンダラスな初演の舞台となった。音楽はイーゴリ・ストラヴィンスキー、振付はヴァーツラフ・ニジンスキー、舞台美術と衣装はニコライ・レーリヒによる。//「春の祭典」の初演のための装飾、1913年

Nicholas Roerich
百年前、パリのシャンゼリゼ劇場は、セルゲイ・ ディアギレフの「バレエ・リュス」(ロシア・バレエ団)による「春の祭典」のスキャンダラスな初演の舞台となった。音楽はイーゴリ・ストラヴィンスキー、振付はヴァーツラフ・ニジンスキー、舞台美術と衣装はニコライ・レーリヒによる。
スキャンダルは、世界各地の音楽とバレエの新時代を予告し、「春の祭典」はゆっくりと、しかし確実に、20世紀の偉大な芸術の傑作の一つとしての地位を確立 していった。//「春の祭典」の初演のための装飾、1913年
イーゴリ・ストラヴィンスキーによる「春の祭典」は、異教のロシアの世界を我々に見せてくれる。冬の眠りから世界を目覚めさせるために、古代ロシア人が若い少女を春の生け贄とし、少女は死ぬまで踊り続けなければならない。//「春の祭典」の初演のための装飾、1913年
レーリヒがセットと衣装デザインをスケッチするのと同時に、ストラヴィンスキーは音楽に取り組んだ(「春の祭典」のイメージは、ストラヴィ ンスキーの夢の中に現れたと信じられている)。// 「春の祭典」の初演のための装飾、1913年
ニコライ・レーリヒは、やがて観客がこの舞台の真価を認める日がやってくると信じていたという。「これぞ本当の勝利だ。起ってブーイングしたければするがい い。心の底ではもう彼らはその価値を感じているのだが、外的状況に左右されてブーイングしているにすぎない。そのうち、この出来事の影響が見えてくる」。こうレーリヒは言った。 // 「春の祭典」の初演のための装飾、1913年
ヴァーツラフ・ニジンスキーによって振り付けられたストラヴィンスキーの伝説的なバレエ「春の祭典」の初演百周年にちなみ、まずボリショイ劇場が彼らの「春祭」 を披露し、次にマリインスキー劇場が、その演出を新ステージで披露する。// 「春の祭典」の初演のための装飾、1913年
マリインスキーは、「春祭」新演出を上演する際に、ヨーロッパの現代バレエで著名なサーシャ・ワルツに委嘱した。新ステージの漠然とした空の闇は、黒 い、何もないタブレットのようで、真ん中に土の山がある。ダンサー達はまず熱狂的な動きで、それから瞑想的な動きで、その山を避ける。しかし、一歩、二歩と踏み込 み出すや、足はバタバタと跳ね始め、土と埃の塊が飛んでいく。 // 「春の祭典」の初演のための装飾、1913年
ボリショイは、ロシアのコンテンポラリー・ダンスの権威であるエカテリンブルクのタチアーナ・バガノワに振付を依頼したが、この風情豊かな演出は、振付 というより、総合的な視覚的再現に近い。// 「春の祭典」の初演のための装飾、1913年
バガノワの演出はボリショイ劇場の「春の祭典百周年祭」の一環として上演されている。プログラムには、ヴァーツラフ・ニジンスキー、モーリス・ベジャール、ピナ・バウシュによる20世紀の3つの代表的な振付に加え、ボリショイのために特別に振り付けられたタチアーナ・バガノワの新演出がある。// 「春の祭典」の初演のための装飾、1913年
バレエ評論家で、ボリショイのバレエ祭のキュレーターを務めるパーヴェル・ゲルシェンゾン:「百年前に大事件が起きた。地盤は揺らぎ、芸術の規則が破られ た。それは革命以外の何ものでもなかった。観客はだまされ、取り残され、やり込められた気分になった」。// 「春の祭典」の初演のための装飾、1913年
「ストラヴィンスキー、ニジンスキーとディアギレフの3人の天才(それにレーリヒを加えて4人)は、お高くとまったパリの観客に、 20世紀の芸術がどのようになるかを見せつけた。それは重大なできごとだった」。こうゲルシェンゾンはこう述べた。 //春の祭典」の初演のための装飾、1913年
「春の祭典」は、芸術の世界に巨大な影響を与えた――演劇、バレエ、視覚芸術の世界に。不思議なことに、その核となったのは音楽だった。音楽史の専門家など多くの学者は現在、20世紀の音楽が「春の祭典」から始まると認識している。//春の祭典」の初演のための装飾、1913年
レーリヒはまたこう書いた。「私は最初の公演の時、観客のブーイングと怒鳴り声で何も聞こえなかったのを覚えている。しかし、もしかしたら、 人々は、内面的に高揚していて、最も原始的な部族のように自分の感情を表現していたのかもしれない」。 原始的な芸術感性の純粋さは、20世紀と21世紀の芸術に影響を与えた。 //春の祭典」の初演のための装飾、1913年