正教会の鐘の命

鐘を鋳造する日は、鐘の創造の謎を知る者にとっては特別な意味がある。
鐘はまず設計図に描かれ、制作者はパターンや金型を生産する。
部品は、隙間が丁度出来上がりのものの厚さと同じになるように支えに固定される。これは、音の再生の観点からして極めて重要である。
壮大な光景からは、骨の折れる作業量が想像つかない。結果は、部品の計算、温度調整やそれぞれの行程にかけられた時間など、様々な要素によって変わる。
炉内温度は1200℃近い。布スーツの製錬師は、長い丸太で時折「醸造」をかき混ぜる。丸太は、彼の目の前で黒焦げになる。
液体金属は最初はちょろちょろと金型の黒い開口部に流れ込み、火の小川のように、流れ込む。
鐘が冷えると、研削と平滑化が始まる。この作業は場合によっては数週間も続く。
実際の成形作業自体は約10分だが、準備段階は作業の複雑さにより、数ヶ月かかることもある。
鐘青銅は80%の銅と20%の錫からできている。音が違ってしまうため、最も精製された材料のみが炉に加えられる。
永遠ではないが、鐘は500-600年という非常に長い寿命を持っている。これは、ヴォロネジの工場で作られた聖イサク大聖堂の鐘楼のための5トンの鐘である。