ソ連時代モスクワの未実現プロジェクト

ソ連政府の計画によると、モスクワは世界初の社会主義国家のモデル首都に豹変するはずだった
最初のスターリン5カ年計画の遠大なプログラムの中でも、壮大さの面では1935年に採択されたモスクワの再建のための総合計画は、他のすべてに影を落とした。計画によると、モスクワはほとんど一夜で世界初の社会主義国家のモデル首都に豹変するはずだった。
1934年に、赤の広場の重工業人民委員の建物のための工事入札が発表された。 4ヘクタールの面積の上に建つ容積11万立方メートルのこの壮大な建物は、赤の広場の根本的再建につながるはずだった。しかし、それは実現する事はなかった。
モスクワのソビエト宮殿のための入札は、前世紀の建築コンクールのなかでも最大かつ代表的なものの一つであった。「共産主義の差し迫った勝利」の象徴として、労働者と農民のための最初の国家の首都に建物を建てる考えは、まず1920年代に登場した。
ソ連の宮殿プロジェクトのための入札は1931年に発表され、いくつかの段階から成っていた。ソビエト宮殿は、地球上で最大の建物として考案された。高さ415メートルを誇り、それは当時の2つの超高層建築物、エッフェル塔とエンパイア·ステート·ビルディングを凌駕していただろう。しかし、これも、実際に建てられる事はなかった。
1931年に、モスクワ市議会は、当時最も豪華なものとなるべき1000室のホテル建設のため閉鎖入札を開始した。6つの入札のうち、若い建築デュオ、L.サヴェリエフとO. スタプランのプロジェクトが選ばれた。その後モスクワホテルとして知られるようになったこの建物は、1934年に完成した。
テクノロジー宮殿のための入札が1933年に発表された。モスクワ川のほとりにある場所が建設地として選定された。テクノロジー宮殿は建てられることがなかった。
建築家L. ルドネフの建物は、モスクワで最も顕著なもののうちのいくつかである。彼はレーニン・ヒルズ(現在雀が丘として知られる)にモスクワ州立大学の高層建造物を構築するためのプロジェクト(1953年)のデザインチームを率いていた。部分的にしか実装されなかったアルバート広場のための彼の設計プロジェクトは、1930年代の人民委員の建物の悲観的な素晴らしさから1940年代と50年代初期の建築の特徴である高揚と尊大さまで、建築家の変遷を反映している。 //人民委員の建物
ベラルースキー駅で土地を選定する予定のアエロフロートの建物は、ソ連航空の英雄を記念して建築家D·チェチューリンによって設計された。プロジェクトは当初構想された物とは違う形になった。
ドーム・クニーギ(本の館)は、30年代前半の「建築の記念碑」としての建物の概念の典型的な例である。 1920年代には、建築家I.ゴロソフは構成主義の分野で自分の名前を作った。彼がソビエト宮殿と人民委員プロジェクトのために提出した入札は非常に独創的であった。ゴロソフの特徴は、「象徴的ロマン主義」とされている。
英雄アーチの設計者L.パブロフは、赤の広場に記念碑を建てる事を提案した。これも、実現する事はなかった。
V. オルタルジェフスキーは建築論と高層建築方法に没頭した。彼は特に、高層ビルの設計とエンジニアリングのありとあらゆるテクニックに注目した。オルタルジェフスキーのプロジェクトは実現しなかった。
1947年に、ソ連政府はモスクワの高層ビル建設の布告を出した。1950年代初頭までには、高層ビルがレーニンヒルズ、スモレンスク広場、レールモントフ広場、コムソモリスカヤ広場、クトゥーゾフスキー・プロスペクト、コテルニーチェスカヤ・ナベレジュナヤ、そしてヴォスタニヤ広場に建設された。市内中心部のスカイラインの主要なランドマークの一つとして予定されていた32階建ての事務所ビル、ザリャディエだけの工事が完了しなかった。
スターリンの建築家のプロジェクトが実現されていた場合のモスクワをご覧ください。