時に失われたモスクワ

陸軍での彼の初期の成功にもかかわらず、アレクサンドルは突如、自身の運命を変える。彼は1990年に引退し、芸術家の道を選択する。

陸軍での彼の初期の成功にもかかわらず、アレクサンドルは突如、自身の運命を変える。彼は1990年に引退し、芸術家の道を選択する。

artzakaz.ru / Alexander Starodubov
アレクサンドル・スタロドゥボフは、子供の頃から絵を描くことが好きで、優れた能力を示し、簡単に美術のコンテストやコンクールで賞を受賞した。彼自身、趣味が仕事になるとは思っていなかった。
彼は1959年モスクワで生まれ、子供の頃から軍のキャリアが定められていた。まず、彼はモスクワ航空研究所(1977)を卒業し、ソ連軍の将校として務めた。
このアーティストの一番好きなジャンルは、時折、ファンタジーの要素を織り交ぜたふるいモスクワの都市景観である。
スタロドゥボフの作品は、ロシア内外の個人コレクションで集められている。いくつかの絵画は、カナダのトロントのブルガーコフ美術館に買収された。
彼の古いモスクワの絵を見ていると、見る者は、いつの時代のどこが描かれているか、推測する事しか出来ない。描かれている建築物、教会、家や道路などは見慣れた感じがするが、具体的にどこのものかは思い出しにくい。
スタロドゥボフの絵画は、ロシアの裕福な人々の間で非常に人気がある。彼らは、およそ3500米ドル出して、彼の作品を購入する。
彼の作品は数多くのギャラリーに展示され、絵画の多くは、ロシア内外の様々なコレクションに入り込んだ。