ニコライ2世とレーニンの“二重肖像画”を公開

アレクサンドル・デミヤンチュク/タス通信

 12月1日、サンクトペテルブルク。A・L・シュティグリツ記念美術工芸アカデミーの応用美術館。ロシア最後の皇帝、ニコライ2世の肖像画は、戴冠式に際して、画家イリヤ・ガルキンによって描かれたもの。ロシア革命後の1924年、同年のレーニン死去を受けて、画家ウラジスラフ・イズマイロヴィチは、レーニンの肖像画を描く注文を受けたが、画家は、皇帝の肖像画を水溶性絵具のグワッシュで黒く塗りつぶしたうえ、その裏側にレーニンを描いていた。“隠れていた”皇帝の肖像画は、このほど修復士が偶然発見した。

もっと読む: