ウラジーミル1世像の除幕式にプーチン大統領とキリル総主教が出席

AP通信

 11月4日、「民族統一の日」に、クレムリンに近いボロヴィーツカヤ広場で、ウラジーミル1世の巨像の除幕式が行われ、プーチン大統領と、ロシア正教会の最高指導者、キリル総主教が出席した。ウラジーミル1世は、10世紀末にキリスト教を導入したキエフ大公で、正教会により列聖されている。