プーチン大統領が野生馬を繁殖させている自然保護区を訪ねる

アレクセイ・ドルジニン/ タス通信撮影

 103日、オレンブルグ州。プーチン大統領が、モウコノウマ(蒙古野馬)を繁殖させるプログラムを実施しているオレンブルクスキー自然保護区を訪問した。モウコノウマは、シマウマ、ノロバを除けば、唯一現存する野生馬であり、野生のものは、いったん絶滅している。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる