オムスク州の夏至の豊穣祭

ドミトリー・フェオクチストフ/タス通信撮影

 622日、オムスク州オクネヴォ村で、民俗祭「夏至」が行われた。古代よりスラブ圏に伝わるイワン・クパーラ祭は、異教の祭日で、夏至の日に祝われる。この一年で最も短い夜には、魔女、人魚(ルサルカ)、森の霊など、すべての悪霊が起きているから、寝てはならないと信じていた。