200ルーブル紙幣に「母なる祖国像」

ドミートリイ・ログーリン撮影/タス通信

 ロシア南部のボルゴグラード(旧スタリングラード)のアーテイスト、ウラジスラフ・コヴァリさんが200ルーブル紙幣のデザインを行っている。描かれているのは、同市にそびえ立つ巨大な「母なる祖国像」だ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる