「嘘から出たまこと」だにゃあ

ヴャチェスラーブ・プロコフィエフ撮影/タス通信

  47日、モスクワ州。セルプホフ歴史芸術博物館の猫のマライ君。猫が博物館の求人申込用紙に引っかいてし採用されたというエイプリルフールのジョークが、世論の圧力で現実になってしまった。マライ君は、博物館の幹部により正式採用され、給与として魚や肉のパティを受け取ることになる。