サイミール・ピルグがボリショイ劇場でベルリオーズ「レクイエム」を歌う

アルバニア出身のテノール、サイミール・ピルグが、フランスのトゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団と、ロシアのボリショイ劇場合唱団とともに、ボリショイ劇場の 舞台で、フランス・ロマン派の作曲家ベルリオーズの大作「レクイエム」を演奏。写真は演奏に先立って撮影。

アルバニア出身のテノール、サイミール・ピルグが、フランスのトゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団と、ロシアのボリショイ劇場合唱団とともに、ボリショイ劇場の 舞台で、フランス・ロマン派の作曲家ベルリオーズの大作「レクイエム」を演奏。写真は演奏に先立って撮影。

ヴャチェスラフ・プロコフィエフ/タス通信

 アルバニア出身のテノール、サイミール・ピルグが、フランスのトゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団と、ロシアのボリショイ劇場合唱団とともに、ボリショイ劇場の舞台で、フランス・ロマン派の作曲家ベルリオーズの大作「レクイエム」を演奏。写真は演奏に先立って撮影。