カリャージン鐘楼

アレクセイ・クデンコ撮影/ロシア通信

 1940年、ヴォルガ河畔の古都ウグリチの上流にウグリチ貯水池が建設されたことにより、古都カリャージンの旧市街と聖ニコライ大聖堂は水没。今なお水底から突き出している鐘楼は、歴史の無言の証人であり続けている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる