主の洗礼祭の準備

ロイター通信撮影

リウス暦を使用するロシア正教では、119に、キリストの洗礼を記念する神現祭(主の洗礼祭)を祝う。クラスノヤルスク近郊のタイガにあるマンスキー村では、零下30の冷え込みの中、男子修道院のミカンドル司祭がチェーンソーで、凍結したマナ川に水浴のための穴を開ける。