ロボットがISSの助っ人に

セルゲイ・フェデイチェフ/タス通信

 1110日、モスクワ州。ロボット「アンドロナフト」は、一連の研究を経た上で、アシスタントとして、国際宇宙ステーション(ISS)に送られる。これらの研究で、ロボットと人間の相互関係について新たな知見が得られる可能性がある。アンドロナフトは、最新のロボットシステムに属し、パワードスーツを使って遠隔操作でしかも遠距離から動かすことができる。