ロシア人が試用したセンスのいい手作りのアイデア

 ロシア人は創造的な再利用に熱心だ。ソ連時代から90年代初頭にかけては、物不足とコスト削減が主な理由だった。だが近頃は、何といっても創造性を発揮することが第一の目的だ。

 西側諸国はリサイクリングや持続可能な開発に熱心になっているが、ロシアでは「エコ」の認識はまだ芽生えたばかりだ。2014年にロシアが保有していた埋め立て地の面積は、オランダとスイスの国土を合わせた面積よりも大きかった。このため一部の人々は、廃棄物の蓄積を削減して、日常生活用品の寿命を延長するために創造的な解決法を見つけた。

 そのアイデアの一部は、物品不足が蔓延していたソ連時代から着想を得たものであるが、より最近に考案されたものもある。ロシアNOWがロシア語のインターネットリソースをくまなく探して見つけ出したリサイクリングのヒントをご紹介する。