ドストエフスキーの小説「白痴」の主要10地点

 長編小説「白痴」は「罪と罰」ほど有名ではないかもしれないが、やはり重厚で、苦労して執筆された本である。この小説を「肯定的に美しい」人を描写しようとする試みと見ることができる。フョードル・ドストエフスキーによると、この「美しい」の理想形は、ヨーロッパとロシアの双方が到達には程遠かったものであり、世界で唯一の肯定的な個人はキリストであった。ロシアNOWが主人公の旅程を追い、インタラクティブ・マップにした。