3D空中パノラマで見るカムチャツカの火山噴火

Courtesy of www.AirPano.com
 

 カムチャツカのクリュチェフスカヤ山は今月、5ヶ月ぶりの噴火活動を始めた。ロシア科学アカデミー極東支部火山・地震学研究所カムチャツカ火山噴火対応グループのリーダー、オリガ・ギリナ氏がこれを「インテルファクス」通信に伝えた。

 クリュチェフスカヤ山はカムチャツカ東部の火山。 

 7000年前に形成された、海抜4700メートルの、ユーラシア大陸で最も高い活火山である。