ロシアのひげの進化

1698年9月5日、ピョートル大帝は、臣民にヨーロッパ風のファッションを浸透させ、意識改革を断行する目的で、ひげに対する税金を導入した。これに国民が必ず従うように、特別な金属製のしるしが採用され、ひげにつける印章として、ひげ税の納入証明の役割を果たした。ロシア史を通じたひげの流行の変貌をここに振り返ってみた。