世界初の浮体式原発

 サンクトペテルブルクのバルト工場で2010年6月30日、浮体式原子力発電所「アカデミック・ロモノソフ」の発電ブロックの進水式が行われた。これは国営原子力企業「ロスエネルゴアトム」がつくる、世界初の浮体式原子力発電所の重要な要素である。