ロシアの経済特区

 経済特区の発展の速さは地元の政府がどんな条件を設定し、どんな対応をするかに左右される。この7年間でロシアの経済特区は、36億㌦の外国投資を集めることができた。現行の経済特区は四つのタイプに分かれる。①工業・生産型、②観光・レクリエーション型、③港湾型、④技術導入型の四つだ。ロシア会計検査院の統計によると、この最後のタイプでの特許の数は350にのぼる。参加企業にはボーイング社やアップル社のような世界的レベルの企業が含まれている。