モスクワ:首都の歴史

 95年前、1917年のロシア革命後5年以内に、モスクワはロシア·ソビエト連邦社会主義共和国とソビエト連邦の首都となった。ピョートル大帝がサンクトペテルブルクを1712年に建ててから、モスクワはロシアの首都ではなくなった。時間が経つにつれて、モスクワには、「第三のローマ」、「白い石のもの」、「第一の王座」、「四十の四十」など、その大きさと国での重要なスタータスを示唆するいくつかの呼び名がついた。古いロシア語で、「四十」という言葉は、四十程の教会からなる教会行政区を意味する。