日本とロシアの諺:飼い犬に手を噛まれる

ロシアの諺でこれに近いのは、「自分の胸で蛇を養う」(Вскормить змею на своей груди.)。いずれも自分が恩を施したり養い育てた相手に、裏切られるとか、ひどい目に遭うとかいった意味

 

 画像提供:スヴェトラーナ・ゴンチャローワ 

 これとは反対に、「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ」というのもある。まあ、相手が犬ならともかく蛇では、養った当人が間抜けということになろう。「飼い猫に手を引っかかれる」のは当たり前だから。

 より“間抜け度”が増したドイツ起源の慣用句に、「蛇を胸で温める」というのもある。

 一方、海千山千の政治大国イギリスには、「蛇は他人の手で穴から出せ」(Draw the snake from its hole by another man's hand.)というのがある。さすがですね。

>>もっと読む:ロシア語