ロシア移民の中でもっとも美しい女性(写真特集)

Kira Lisitskaya, La Russie Illustrée, Public Domain
 ソ連からの移民、マリーナ・シャリャピナ・フレディはバレエダンサー、女優、海軍将校として活躍し、イタリア文化相の妻にもなった。

 「当時は、公の場で美女だと言われるのは、恥ずかしいことでした。しかし、当時は、現在のようなコンテストはありませんでした」とマリーナ・シャリャピナさんは回想する。

 1931年、ロシアの有名な声楽家フョードル・シャリャピンの娘はパリで、移民を対象にしたロシア人美人コンテストで、「ミス・ロシア」の称号を手にした。 彼女はその魅力で人々に強烈な印象を与えたが、しかし人々の心にもっとも深く残っているのは彼女の数奇な運命であった。そんな一つが海軍の将校にもなったということである。

マリーナ・シャリャピナ

 マリーナ・シャリャピナは、声楽家のフョードル・シャリャピンと、その愛人で後に正式な妻となったマリヤ・ペトツォルドの間に生まれた。一家は革命後、亡命を余儀なくされた。家庭の生活は革命により一変、一家の財産や貯蓄は没収されたが、マクシム・ゴーリキーの尽力により、シャリャピンは生活を立て直し、ある期間、マリインスキー劇場(かつての帝室劇場)の芸術監督となり、最初のソ連人民芸術家の称号をも手に入れた。しかしそれでも一家は食べ物も困る生活を送り、マリーナは重い肺炎にかかっていることが分かった。

フョードル・シャリャピンとマリヤ・ペトツォルド

 1921年、マリーナは友人たちの援助により、治療のためフィンランドに行くことができた。シャリャピンも外国で公演を行う許可を得た。シャリャピンは、パリで時宜良く不動産を購入、そこにペトツォルドと子どもたち、そして最初の結婚でもうけた子どもたちをも呼び寄せた。そして、その後、健康を取り戻したマリーナもパリに移り住んだ。

『シャリャピン姉妹マルタとマリーナの肖像画』、ボリス・クストーディエフ、1920年

 この頃、 多くのロシアの貴族たちがパリで亡命生活を送っていた。その中に、ニコライ2世との関係についての噂によるスキャンダルが続いていたバレリーナのマチルダ・クシェシンスカヤがおり、9歳のマリーナは彼女のバレエ教室に通うようになった。

マリーナ・シャリャピナと父フョードル・シャリャピン

 マリーナはロシアの新聞「コメルサント」紙からのインタビューの中で次のように語っている。「バレリーナになって、ボリショイ劇場の舞台で踊ることを夢見ていました。パリではクシェシンスカヤの教室に通っていましたが、それはヨーロッパで最高の教室でした。(中略)父はクシェシンスカヤのことを本当に尊敬していました。父は有名なアーティストの運命が、いつもバラの花びらに満ちているわけではないことを、誰よりもよく理解していたのです」。

 1927年、偉大な歌手シャリャピンは祖国への帰国を禁じられた。理由は、亡命した子どもたちに慈善事業を行ったということであった。この後、人民芸術家の称号も剥奪され、再びすべてを没収され、口座は凍結された。ソ連政府はロシアに正妻を残したシャリャピンが愛人のペツォルドと生活しているということについても許すことができなかった。一家は、家族はこれからヨーロッパで生きていくことになったことを理解したのである。

 マリーナ・シャリャピナは最初の美女になりたいとは思っていなかったが、周囲の有名なロシア人亡命者たちからの圧力を受け、チャレンジすることになった。「あるとき、マチルダ・クシェシンスカヤのパーティで踊っていたんです。会場には、ブーニン(ノーベル文学賞受賞者のイワン・ブーニン)とコローヴィン(印象派画家のコンスタンチン・コローヴィン)と確かクプリン(作家のアレクサンドル・クプリン)が座っていました。彼らが亡命一家の女性を対象にしたミス・ロシアを選ぼうというアイデアを思いついたんです。そしてわたしをじっと見て、『君こそ、ミス・ロシアだ!』と全員がそう言ったんです」。

 説得されて、マリーナは同意した。当時は水着審査などはなく、どちらかというと、身のこなし、才能、高貴な家柄などが審査基準であった。すべてが「完璧な道徳観の中にあり、人間性がもっとも重視されるべきであった」のである。

アメリカを訪問したマリーナ・シャリャピナとフョードル・シャリャピン

 コンクールで勝利を収めると、マリーナには大量のファンが現れた。というのも、事実上、彼女は亡命者の中でもっとも美しいと認められたようなものだったからである。ファンの中には、シャムのチャクラボン王子もおり、マリーナは彼を10年もの間、秘密の婚約者と考えていた。

シャリャピン一家の写真、チロルにて、1934年

 マリーナは足を負傷し、バレリーナにはならなかった。その代わりにカーレースに夢中になった。1938年、ローマから父のいるパリに戻る途中、空港の税関職員から、フョードル・シャリャピンが白血病で亡くなったことを知った。

 父親の死後、マリーナはニューヨークに行き、インテリア・デザインアカデミーで学んだあと、今度は舞台監督になり、バレエ作品を上演するためウィーンに移り住んだ。しかしそれも短期間で、ウィーンの友人たちにバレエ映画の制作のため、イタリアに行こうと誘われた。マリーナはイタリアに向かい、そこでのちにマリーナの夫となるルイージ・フレディと出会うことになる。マリーナより17歳年上の男性であった。

 ルイージ・フレディは映画管理局の長官で、その後、イタリア文化大臣となった人物である。フレディは第一回ヴェネツィア映画祭を組織し、1937年にヨーロッパで最大規模の映画撮影所チネチッタを開設し、監督となった。マリーナは現在、シャリャピナ=フレディという2つの苗字を名乗っている。夫が製作した3つの映画「古い時代」、「ルチア、君だけのために」、「誰のものでもない子どもたち」に女優として出演した。

 しかし、ファシスト政権が打倒されたあと、ルイージはムッソリーニと協力関係にあったとして逮捕され、財産を奪われることとなった。ルイージはまもなくして解放されたが、仕事を見つけることはできず、マリーナが一家の生活を支えなければならなくなった。マリーナは5ヶ国語を自由に操れ、高い教育を受け、芸術史に精通していた。そこでマリーナは高級船舶「イタリアン・ライン」で、ジェノヴァからニューヨークまでのルートで、乗客を楽しませる仕事に就いた。この職に見合ったものとして、マリーナはイタリア海軍将校の称号を得た。

 マリーナは本人曰く、ルイージと40年におよぶとても幸せな歳月を過ごした。1977年にルイージは死亡したが、マリーナは2009年に98歳で亡くなるまで、さらに32年生きた。マリーナはローマのラウレンティーノ墓地にあるフレディ家の墓に埋葬された。兄弟や姉妹よりも長く生きたが、高齢になるまで、お酒もタバコもやめず、高級な自動車を運転し、ボヘミアンな生活を楽しんだ。

父の墓を訪れたマリーナ・シャリャピナ

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる