国内最高齢のバイカルアザラシのナターシャ、鳥羽水族館に来て40年

Toba Aquarium
 三重県の鳥羽水族館で飼育されているバイカルアザラシのナターシャが、旧ソ連からやって来て、17日で40年を迎えた。

 水族館のサイトによれば、ナターシャは1981517日に入館した 

 ナターシャは日本で国内最高齢のバイカルアザラシ。17日は、入館40周年を記念して、大好物のアユ6匹が与えられた。

 鳥羽水族館はツイッターを更新し、バイカルアザラシについてコメントした中で、「推定0歳で入館し、とっても小さかったナターシャですが、今日まで元気に育ってくれました」と呟いた 

 放送局NHKのデータによれば、ナターシャは人間の年齢に換算すると約60歳だとのこと。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる