ソビエト時代の誕生日の祝い方(写真特集)

M.Yurchenko
 子どもから大人まで、ソ連時代のバースデーパーティーはいつでも、親しい人と楽しい時間を持てる場であった。

 ソ連人の多くは裕福ではなかったし、バースデーパーティーを準備してくれるイベント会社もなかった。そこで、自分自身や子どものバースデーパーティーをするには大いなる想像力を発揮する必要があった。

バースデーパーティでクラスメイトを祝う子どもたち

  子どものバースデーパーティーには、母親や祖母が手作りのケーキを学校や幼稚園に持っていく習慣があった。その日、誕生日を祝う子どもが、そのケーキを同級生たちにふるまったのである。

 バースデーパーティーの多くは質素なものだった。友人たちに振る舞うには、小さなケーキ、お菓子、ジンジャーブレッド、ワッフルで十分であった。

誕生日ケーキのローソクを吹き消すアリョーシャくん

 ソ連時代のバースデーパーティーの多くはこのようなものであった。

レーナのバースデーパーティー

 そして、誕生日の子どもは、年齢の数だけ耳を引っ張られ、教室にいる他の子どもたちは大声で数をかぞえた。この耳を引っ張る行為は、時に、より人道的であまり儀式的でない行為に代わることがある。椅子に座っている子供を揺らしてぐいと持ち上げるのだ。その時、全員で「フレー」と叫ぶ。それが終わると、みんなでお茶とケーキやお菓子を楽しんだ。

 家でバースデーパーティーを開く場合は、 誕生日の子どもの親友を招くことがある。この場合は、より手の込んだ料理が出されることが多かった。お菓子とは別に鶏や魚料理にジャガイモ、サラダ、自家製のコンポートまたはお茶がふるまわれることがあった。

双子の誕生日

 バースデーパーティーをするマンションの部屋は、紙で作った手作りの装飾品、誕生日の子どもの写真、風船などで飾りつけがされることもあった。

 家庭でバースデーパーティーを開くのは、学校にケーキを持っていくよりもずっと大変なので、招待客はより価値のあるプレゼントを持っていく。誕生日の子どもの親たちは、新しい洋服や学校用品(リュックなど)を贈りたいと思うものだが、友人たちはおもちゃや子どもにとっても面白いが、あまり実用的でないものを選んでくることも多い。

のちに映画監督となるエゴール・コンチャロフスキーの1972年のバースデーパーティー。

 食事をお腹いっぱい食べた後、パーティーの主役と招待客たちはゲームを始める。それは家の中だけでなく、戸外に行くこともある。子どもたちは、ソ連で「コサックと悪党」と呼ばれるかくれんぼなどをして遊んだ。

 子どものバースデーパーティーに呼ばれると、遅くまで家に残り、“ピニャータ”に似たゲームで遊ぶこともある。たくさんのおもちゃや豪華景品が紐の先に結ばれ、それが水平に張られた紐からぶら下げられていて、招待客は目隠しされて順番にハサミで紐を切って景品を取るというものである。

 

友人の誕生日を祝う女性たち。1979年

 しかしながら、ソ連で育った誰もに楽しい誕生日の思い出があるわけではない。ソ連時代のバースデーパーティーを調査したロシア人によると、1960年代後半から1980年代後半にソ連の郊外で育った子どもの2割は誕生日を祝ってもらってないという。

 大人になると、誕生日は職場で同僚に祝ってもらうか、家庭で友人たちを呼んで祝う。誕生日に工場やオフィスに出勤するのなら、同僚をもてなすために食べ物や飲み物を持っていかなくてはならない。

工場労働者の誕生日。1964年
誕生日のお祝いの言葉

 同僚たちは順番にお祝いの言葉を述べ、プレゼントを贈る。

プレゼントをラッピングする女性たち

 盛大なバースデーパーティーを開くことが出来る人たちもいた。ソ連の芸術家、俳優であるアナトリー・エリセーエフは1971年の誕生日に友人たちをサンドゥヌィ・サウナに招待した。

サンドゥヌィ・サウナでのバースデーパーティー。ビールを飲んで、魚の干物を食べる男性たち。

 そして、共に楽しい時間を過ごす。

サンドゥヌィ・サウナでのバースデーパーティー

 一方、有力政治家は豪華なバースデーパーティーを好むようだ。 

1977年に開かれたレオニード・ブレジネフのバースデーパーティー。ソ連の共産党書記長はこの年、70歳になった。

 ソ連のセレブたちは時にはワイルドなパーティーを開いた。 

ソ連のミュージシャン、ゲルマン・ヴィノグラードフが1988年に開いたバースデーパーティー。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる