2020年のカレンダーのために普段見せない姿を披露したロシアの女子ホッケー選手たち(写真特集)

Zhanna Chernenko/Russian Women's Hockey League
 ロシアの女子ホッケーリーグに参加する7つのクラブを代表する12人の選手たちが、スケートリンクを離れたときの柔和で女性的な姿を見せてくれた。

1月 ディアナ・カナエワ(22歳)ディナモ・サンクトペテルブルク 

 ロシア代表チームのフォワードを務めるディアナはナベレジヌィ・チェルヌィ(モスクワから1,066キロ)生まれ。2015年にジュニアのロシア代表チームのメンバーとして、世界選手権に出場し、銅メダルを獲得した。2018年にはオリンピックにも出場している。

 「最初は花を使ってもっと暖かくて柔らかい雰囲気のイメージにしたかったのですが、カメラマンがわたしを見て別のイメージを持ち、そのイメージでより美しく見せるよう努力してくれました。そしてそれは間違っていなかったようで、とても素敵な写真になりました」。ディアナはカレンダー撮影についてこう話している

 

2月 エリザヴェータ・コンダコワ(22歳)トルナード 

 ホッケー選手だった父親の後を追ってホッケーを始めた。ちなみに父親も同じ、ゴールテンダーだった。2015年にジュニア世界選手権で銅メダルを獲得している。趣味はロシアのラップを聴くこと。

 

3月 ミレナ・トレチャク(19歳)ディナモ・サンクトペテルブルク 

 ミレナの兄はかつて水泳をやっていたが、健康上の問題からホッケーに移行した。そこでミレナもそれに合わせてホッケーを始め、夢中になっていったという。2017年の春にジュニア世界選手権で銅メダルを獲得している。ホラー映画が好きで、甘いものに目がないのだそうだ。

4月 アナスタシア・スミルノワ(33歳)SKIF 

 ホッケーを始めたのは19歳と遅かったが、その1年後には最初のプロ契約を結んだ。それまで彼女は美人コンテストに出場し、歌手になるのを夢見ていた。古いコインを集めるのが趣味で、最近は写真の勉強をしている。

 

5月 アリョーナ・スタロヴォイトワ(20歳)トルナード 

 アリョーナは2歳からフィギュアスケートを始め、9歳のときにホッケーに移行した。2015年に世界選手権で銀メダルに輝き、最優秀アタッカーに選ばれた。2018年には平昌オリンピックに出場している。自由な時間があるときには、自転車や四輪自転車に乗って楽しんでいる。

 

6月 アリーナ・オルロワ(19歳)SKゴールヌィ

 アリーナは兄の後を追ってホッケーを始め、長いこと男子チームでプレイしていた。そしてその数年後、モスクワ代表チームのメンバーに選ばれ、18歳以下の大会に出場。ジュニア世界選手権で銅メダルを獲得している。

 

7月 アンナ・プルゴワ(26歳)アギデリ 

 ゴールテンダー。ロシア選手権で優勝経験があり、2010年、2014年のオリンピックに出場。2000年の始めに初めてホッケーの試合を観戦し、たちまち大好きになった。2004年に初めてリンクに立ち、1年半後に男子選手のチームでロシアの大会に出場するようになる。FalloutBoyと「ファイト・クラブ」の大ファン。趣味は水泳とパズル。

8月 ニーナ・ピロゴワ(20歳)トルナード

 ニーナは世界選手権(2016)で銅メダル、冬季ユニバーシアード(2017)で優勝、平昌オリンピック(2018)にも出場している。オスカー・ワイルドとアントン・チェーホフのような作家になりたいという夢を持つ。NBAのデリック・ローズ選手のファンである。

9月 アナスタシア・レトヴァリツェワ(21歳)ビリューサ

 ホッケーを始めるまではサッカーに熱中しており、ホッケーに移行した後もボールを捨てることはなく、モスクワチームのメンバーとともにフィールドホッケーのロシア選手権に出場、銀メダルを獲得している。スペインに行くのが夢なのだそうだ。

10月 アレクサンドラ・ヴォヴルシコ(27歳)SKSO

 フィギュアスケート選手を目指していたが、生まれて初めてホッケーの試合を観戦してから、スケートの衣装を脱ぎ、スティックとパックを手にするようになった。趣味は番号付きペイントで、ハリー・ポッターの大ファンである。

11月 エリザヴェータ・ロドノワ(20歳)アギデリ

 2009年から6年にわたり男子とともに屋外のホッケー場でトレーニングに励んでいた。2017年にジュニア世界選手権で銅メダルを獲得。アイドルはシドニー・クロスビー。映画の中では、SF、恋愛もの、コメディを愛する。趣味は料理と旅行。

 

12月 マリア・バタロワ(23歳)アギデリ 

 マリアは冬季ユニバーシアードで3度チャンピオンの座に輝いている。2018年にはオリンピックにも出場した。ロシアのロックとラップを聴くのが大好きという。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる