社会主義陣営で生産された製品:ソビエト連邦における大ヒット商品(写真特集)

Getty Images
 化粧品からバスまで、今は誰もここで紹介するものを高級品と呼ぶことはほとんどないが、フルシチョフ、ブレジネフ政権下では、陣営全体でとても愛されていた。

 「最高のものはすべて輸入されている」。このようなステレオタイプは、1980年代初頭まで、ソビエトの人々の心にしっかりと根付いていた、と歴史家のエレナ・トヴェルデュコワは。社会主義陣営の生産品は、1950年代にソビエト連邦の陳列棚にはじめて登場し、ソ連が崩壊するまで大きな興奮を引き起こした。

 トヴェルデュコワが説明するように、これらは常に質が高いわけではなかった。多くの場合、チェコスロバキア、ポーランドの製品はソビエト製品より優れてはいなかった。しかし、「同胞」の国は、少なくとも自分たちの製品を美しくみせる方法を知っていた。「魅力的な外見の、カラフルにデザインされた輸入品は即座に売り切れた」。資本主義国との貿易が最小限に抑えられていた時代、東ヨーロッパから来た品は消費者の最高級の美しさをもつものだった。

 バスから化粧品まで、ソビエト連邦に輸入された社会主義陣営の国から輸入された商品を思い出してみましょう。

ブルガリア

1. タバコ「ソンツェ」、「シプカ」、「オパル」

 「「シプカ」を吸うのになぜ太陽が必要なのか?」とジョセフ・ブロツキーは、彼の最も有名な詩の一つで、部屋を出ないようにと呼びかけた。

 「シプカ」や「ソンツェ(太陽)」は、単にブルガリアのたばこのブランドだ。

2. ジーンズ「リラ」

 ソビエト連邦の若者の間では、半分禁じられていた資本主義の象徴であるジーンズが軒並み流行していた。しかし、本物のアメリカ製の「リーバイス」や「ラングラー」を(闇屋や転売人から、かなりのお金で)手に入れることは誰もがうまくいくものではなく、そのような人はブルガリア製ジーンズで満足しなければならなかった。

3. ブランデー「スランチェフ・ブリャグ」

 今日、この飲料は密造酒と比較される常に悪い品質なわけではないものの、優良品ではなかったが、ソビエト連邦ではかなりステータスのあるアルコールだった。

ハンガリー

4. イカルスバス

 ハンガリーの誇りであるイカルスのバスは、世界のすべての地域に輸出されていたが、最大の買い手はもちろん、「兄貴分」のソビエト連邦だった。このハンガリーのバスはソビエト連邦の至る所で見ることができた。 1991年に最大の市場が消滅した後、イカルスの製造工場は倒産した。

5. ルービックキューブ 

 ハンガリーの彫刻家ルービック・エルネーは、1974年にこのパズルを発明し、翌年に特許を取得した後、彼が働く意味がなくなった。数年後、彼の発明は世界中で爆発的なヒットとなった。もちろん、そこにはソ連に含まれている。

6. えんどう豆 グローブス

 「これらの缶詰は味と品質の基準であり、ハンガリーのエンドウ豆は庭の新鮮なものよりもはるかにおいしいと考えていました」と「ジヴォイ・ジュルナル」では回想されている。 グローブスは今日でも成功している。このエンドウ豆はロシアの店でまだ見つけることができる。

ドイツ民主共和国

7. 陶磁器「マドンナ」

 実際、これらの磁器セットは「マドンナ」とは呼ばれておらず、神聖で崇高なものは何もなかったのだ。これはギリシャ神話の軽薄なプロットを完全に描写していた。しかし、ソビエト連邦では、それにもかかわらず、このように呼ぶことに慣れており、家の中に良い磁器が存在することは、その所有者が信じられないほどの富を持っているということを示していた。

8. ミシン 「ヴェリタス」

 ドイツのヴェリタスミシンはソビエト連邦の女性の夢であり、国産のシンガーとの競争に大きく勝利していた。今ではスペアパーツを見つけることもできなくなった。生産は長い間停止しており、生き残ったミシンは過去の時代の珍品となっている。

9. コンピュータ「 ロボトロン」

 なお、これは全くMacBookではない。エレクトロニクスの黎明期に登場した東ドイツのロボトロンは、テキストエディター、表計算をするためのシンプルなプログラム、そして今日では標準的な、原始的なデータベース管理システムを提供していた。しかし、1980年代には、そのようなコンピュータは技術の奇跡であり、ソビエト連邦の研究所や設計局などで使用されていました。

10. カメラ 「プラクティカ」

 ソ連のアマチュア写真家にとっての宝石は、ソ連で合法的に購入できる唯一の外国製のこの一眼レフカメラだった。

 「ソ連では、プラクティカ・スーパーTLは上級アマチュア向けの有名なカメラモデルの一つであり、多くの写真家が屋外で楽しんでいます」とアマチュア写真家S.アンドリアノフがこのモデルの一つについて回想している

11. カメラフィルム 「ORWO」

 ソ連におけるドイツ製品は、アマチュア写真家を含む品質の保証として認識されていた。ウルフェン工場で生産された白黒のORWO CHROMフィルムとOWO COLORカラーは高価で、誰でも買える手頃な価格ではなかった。

12. 鉄道模型「PIKO」 

 国産の美しいロケットや宇宙船を作ることに慣れていたソビエト連邦の人々にとって、1960年代に登場したPIKOの鉄道模型は奇跡だった。そして高価な嗜好品だった。1970年代のPIKOセットは25ルーブルで、この時代の平均給与は100ルーブルだった。 

ポーランド

13. 化粧品

 ポーランド人民共和国は、とりわけ、非常に高品質と考えられていた化粧品をソ連に供給した。

14. 香水「ブィチ・モジェト」(日本語で「かもしれない」)

香水「ブィチ・モジェト」

 ...そして、国産の「赤のモスクワ」や、フランス製のとても高くて手の出せない「シャネル」と競合していた、興味深い名前の香水も供給されていた。

チェコスロバキア

15. ボヘミアガラス

 ソビエト世界においてシックさと豪華さの具現。1957年の映画「住所のわからない少女」のヒロインが、「これはボヘミアンクリスタルです!触れることはできず、見ることができるだけです」と話していた。実際、日常生活でボヘミアガラス製品を使用するのは浪費だと考えられていた。大切なラベル「ボヘミア」を壊すことなく、ただ見て、うっとりとするだけなのだ。

16. 戸棚

 このような壁に配置する棚は今日では時代錯誤と考えられているが、ソビエト時代には美しい生活に付き物だとみなされていた。ドイツ、ポーランド、ユーゴスラビア製の棚が輸入されていたが、チェコ製が特に有名だった。

17. 路面電車「タトラT3」

 ハンガリーのイカルスがバス市場を独占していたとすると、ソビエト連邦に輸入された路面電車は主にチェコのタトラ製だ。現在モスクワではほとんどが廃止されているが、ロシアの地方では若干のこの路面電車を見ることができる。

18. モーターバイク「ヤワ」

 「日本とヨーロッパのオートバイが写真でしか見られなかった当時、赤いヤワはソビエトの運転手にとって完璧なモデルだと考えられていました」と「オートレビュー」には書かれているが、それをここで議論するのは難しい。ハーレーダビッドソンやカワサキ製のバイクはなかったが、チェコスロバキアのヤワは使うことができた。

19. 靴「ツェボ」

スニーカー「ボタス」

 人々はこのブランドの靴製品のために何時間も列に並んでいた。彼らはヒール、ブーツ、スニーカーを購入した。しかし、これはこのブランドの他の商品にも当てはまる。輸入された「贅沢品」が全員に行き渡ることはなく、店頭に現れるとすぐにまさに包囲が始まった。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる