ロシアで友達を作りたい観光客のためにプロが教える5つのヒント

 サンクトペテルブルクに住んでいるアメリカ人が、外国人観光客の行動について現地住民を苛立たせたものについて話した。また、ロシアで礼儀正しくする方法に関するいくつかのヒントを共有した。

 どこか外国を訪れる際、旅における第一のことは、そこに住む人々を困らせないようにすることだ。

 ロシアに数ヶ月住んだ後、友人が私を訪れた。私がよく昼食に行っていたレストランに連れて行った。座ってすぐ、私は恐ろしくぎこちなさを感じた。私の友人は座った後、激しく騒いたのだ。彼女の琴線に触れたことは何でも話した。天気、車、食べ物、彼女の性生活、彼女の家族、犬、人生、宇宙、などなど。彼女が席を立った時、彼女はうるささのなごりを私と共にそこに置いていった。

 数ヶ月間かけて親しくなったウェイターが全員、バーから私を見つめていた。一つ隣のテーブルでは静かに会話がされていたので、私に視線を向けてきた。レストラン全体さえも、私は誰もが不機嫌になっていることに気づいた。アイコンタクトをとる人みんなに、私は肩をすくめて罪悪感を見せようとしたが、ダメージを食らった。そこにいる全員によって有罪宣告されたのだ、不快なアメリカ人と。

 私はいつも外国を訪れるたびにこの決まり文句の通りにならないよう気を付けている。私が他の国に住んでいるからといって違う人になるべきだからではなく、ロシアにどれだけ長く住んでいてもゲストだからだ。ゲストの場合、ホストを尊重する必要がある。私は何人かのロシア人に連絡を取り、観光客の習慣が彼らを最も悩ませたものについて話し合った。

#1. 外にいるときも内にいるときの声で話す

 また、外にいるときでも内にいるときの声を使おう。世界中の様々な国の音を測った場合、ロシアは非常にまろやかな音だ。これは、騒がしいことがないということではなく、音が口から耳に届き、それに応じて行動するのには時間がかかるということを理解しているだけだ。このルールは無視しても問題ない。

 昔モスクワに住んでいたユリアは次のように指摘している。「ロシア人は一般に、同胞よりも外国人に寛容です。例えば、友人と私が電車の中で大声で笑うと怒られましたが、もし私たちが外国人だったならば、人々はそれを簡単に受け入れるでしょう」。 

 あなたが礼儀正しいということではなく、受け入れられているということに注意しよう。この二つ吾は、海外にいるときいつでも理解していくべき重要な違いだ。

#2. 英語がわからないと思うこと

 これは、英語圏の観光客がしばしば持つ誤解だ。公共の場でわいせつな話をしたり、大声で失礼な会話をしたりするのは非常に賢明ではない。多くのロシア人は英語を非常に上手に話しており、話さないことを選んだとしても英語を理解する。

 お店にいる全員が英語を理解していないと観光客が考えたとこ、これはさらに悪化する。書店の店長であるマリアがFIFAワールドカップの期間中次のような経験をした。

 「海外から来たお客さんは、私が彼らが望むものをすでに探しているのにもかかわらず、とても頻繁に要求を繰り返し伝えてきたのです。そのうちの何人かは待つのが退屈な時繰り返し話してくるのですが、それはだいたい単語のスペルなのです」。

#3. 政治について尋ねること

 特にアメリカ人はこれに驚くかもしれないが、多くの国では政治にあまり夢中になっていない。私は2016年のアメリカの選挙の時にロシアに滞在しており、もう一人のアメリカ人男性と私でこの話題について長々と話していた。ロシア人の友人たちがこのようにうめいていたにもかかわらず。「どうして黙れないのか、なぜそんなに個人的に政治の話をするのですか?」。

 そしてこれは本当だ。私たちはするのだ。アメリカ人は、親友を擁護しているのと同じように政治の話をするのだ。世界の誰もがこのようなわけではない。特にロシアでは、新しく人に会って「トランプ、プーチン、ウクライナについてどう思いますか」などと話しかけるのは失礼だ。

 「現在の政治状況について話し合うな」とエヴゲニーは話す。

 「観光客と様々な政治の話をすると、だいたいひどい終わり方になります。多くの場合、多くのことでロシア人全体を非難する傾向があるためです。米国大統領選挙の干渉/ Brexit / Brits中毒/ドーピングスキャンダル/警察の残虐行為/ プーチン対ナヴァルニーで非難されるのが本当に好きな人がいるでしょうか。ロシア人はそれにうんざりしています。ほとんどのロシア人は、ここで生まれることを除いて、これらのものとはまったく関係がありません。他の国の人と同じように。これは、誰かにタバコに火をつけてもらうように頼んでいるときに、シベリアの森林火災のようなことを個人的にさりげなく非難されるようなものです」とユリアは指摘する。

 「ウクライナを攻撃したのはなぜですか」、「プーチンについてどう思いますか?」と尋ねられてから、ダリアは政治について質問されるのが面倒になった。

 一般に、西側メディアによる偏った情報をうのみにしてすべての情報を考慮することなくロシアを厳しく批判していることほど、政治的ではないことはない。

 サンクトペテルブルク出身のアレクサンドルは、特に相手が外国人である場合、ロシア人を批判するのは不適切だと感じている。 「最も政治的に進歩的なロシア人の一部でさえ、ロシアのアイデンティティを深く持っており、批判してきた相手と比較されると怒りを覚えるかもしれません」。 

#4. パーソナル・スペースを考慮しよう

 ロシアのティーンエイジャーが路上で「フリー・ハグ」と言って立っているのを見たことはない。これは、抱擁自体が敬遠されているということではなく、見知らぬ人と交流には個人的なスペースが不可欠だということだ。握手(プロのヒント:手袋を脱いで握手する)を別にすれば、ロシア人は自分自身のスペースを重要視している。例えば、新しい人に会ったときに、「ああ、私は抱き着き魔です、こっちへ来てください」と言うのだろうか。

 ロシアを訪れるなら、抑えてください。概して、抑えましょう。

 また、キスもだめです:「出会ったときにロシア人が頬でお互いにキスをすると外国人は考えており、初めて会ったロシア人にキスをしようとすることがあります。しかし、私はこのようなことを迷惑とは考えません。彼らは非常にわかりやすい(それはキスからした後走って逃げても気まずくはありません)」とダリアは言う。

 「私は個人的なスペースについてのみ考えることができます。ロシア人は見知らぬ人に触れられたくない。つまり、握手は必要なのですが、他は気まずいでしょう」と、ソーニャは付け加えた。

#5. 不誠実なこと

 一部の文化では、不誠実さは社会性の規範として受け入れられている。多くの場合、ロシアではそうではない。根拠のないときに人を公然と不器用に笑うことは、感謝のしるしではなく、卑劣な攻撃だ。

 「見知らぬ人に笑いかけないでください。それを攻撃的な行動とみなすことがあります」とエヴゲニーは警告している。

 私はロシアで様々なタイプの人間と出会ったが、この三年で、「陽気な」と言える人に出会ったことがないと正直に言うことができる。あなたが不誠実であなたが彼らの誠実さを個人的攻撃ととるなどよくないことをしたとき、多くのロシア人はすぐにイライラし始める。特に社会問題に関しては、それが対話であると考えて、ロシア人はしばしばあなたに正直な態度で話しかける。

 気分を害する場合は、ロシアに行かないようにしよう。これは、ロシア人がリベラルなサークルでお粗末な評判を得る理由だ。多くのロシア人は、様々なイデオロギーを支持しており、すぐにお互いを敬遠しない。彼らは正直に話し合い、物事に関する情報を吸収するのが好きで、何かを理解していないことを認めることを恐れていない。あなたが気分を害した場合、それはあなた次第なのだ。

 これらはすべてヒントと提案にすぎない。結局のところ、ロシアは観光客の行動を非常に歓迎し、寛容だ。あなたが礼儀正しく、出会う人々に親切である限り、これらのすべてのルールを破ったとしても、素晴らしい時間を過ごすことができるだろう。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!  

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる