シベリアで日本刀を使った卒業の儀式

ジェレズノゴルスク士官学校
 ジェレズノゴルスク(クラスノヤルスク州)にある士官学校で、日本刀を使った卒業の儀式が執り行われた。

 インターネットサイト「ランブレル」が伝えた。士官学校のウラジーミル・ヴォイノフ学長は、今回使用された日本刀は特別に選んだものではないとして、「わたしは長年、拳闘の指導をしており、日本刀はその生徒たちから贈られたものです。士官たちは学長室でこの刀を目にしていたことから、自分たちで卒業の儀式を企画し、刀を貸して欲しいと願い出てきたのです」と述べた

 これまで、卒業の儀式にはコサックの剣が使われている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる