エアフランスに乗った280人の乗客が3日間シベリアで足止め(ロシアに来る予定もなかった人々!)

Getty Images

 1111日、パリ発上海行きの航空機がシベリアの街イルクーツクに緊急着陸を余儀無くされ、乗客たちはヒヤっとさせられた。

 地元のニュースサイトSIAはコックピットから煙が出たと伝えている

 航空機に搭乗していた乗員乗客280人は全員無事で、イルクーツクのホテルに収容され、次のフライトを待つことになった。

 しかしながら彼らはロシアのビザを持っていないため、ホテルから出ることは許されず、乗客の多くがソーシャルメディアにメランコリックな写真を投稿した。

 翌12日、エアフランスの航空機がイルクーツクに到着し、ホテルで“囚われの身”となっていた乗客たちをピックアップした。

 しかしようやく試練を超えたとホッとして、航空機の座席にゆっくりと腰をおろしたとき、別の問題が発生した。

 航空機の油圧油の漏れが見つかったために出発できなくなり、彼らはふたたびホテルに収容されることになったのである。 

 彼らは11月14日の朝に結局イルクーツクを離れることができた。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる