冬のロシアでは、ヌードルは大急ぎで食べなければならない

Legion Media

 氷点下の気温の下でヌードルを食べるのは簡単なことではない。これはあるロシアのインスタグラムユーザーが発見したことだ。ノリリスクに住む男性が投稿した写真を見ると、凍ったヌードルを運ぼうとしたフォークは、文字通り凍りつき、空中停止している。

 彼はヌードルはバルコニーに出して4分ですっかり固くなったと記している。そして、イタリアの冒険家がアジアの麺を南極大陸で食べているときにフォークが凍ってしまった画像を見て、自分もやってみようと思ったと話している。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる