ロシアの産業都市、ノリリスクで「血のように」赤い雨(動画)

norilsk_info
7月3日、ロシアの産業都市ノリリスク(シベリア)が異常な赤い雨に襲われた。

 目撃した市民らがナジェジディンスキー製鉄プラント近くの駐車場の画像や動画をインターネット上に投稿した。駐車場は、まるで大量殺人現場のように、銅のような色の水で溢れている。

 地元市民がこの雨は工場の汚染物質のせいではないかとの見方を示しているが、工場を運営するノルニッケル社はそれを否定し、異なる説明をしている

 ノルニッケル社は「血」の色は7月5日に撤去するはずの廃棄物が風で舞ったものだと説明。赤い水はすでに処理されており、赤い水に覆われた自動車の所有者らには工場側が謝罪したと述べた。

 一方、今回のような事態が発生したのはこれが初めてではない。2016年には同じナジェジディンスキー製鉄プラントのろ過ダムの近くにあるダルディカン川が鉄塩の流出により赤く染まった。このとき、ノルニッケル社は当局から罰金を課されている。

ノリリスクでの生活についてはこちらの記事でどうぞ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる