ワールドカップでクレージーなファッションチェック:どのファッションがお好き?

Joel Marklund/Global Look Press
 モスクワの街角にはヴァイキングが侵入し、サンクトペテルブルクは古代エジプトのファラオに襲撃されている。しかし彼らの衣装は非常に印象的である。

 ワールドカップのために敢えてロシアを訪れたサポーターたちはとりわけクリエイティヴである。その奇抜で素敵でゾクゾクするようなファッションをご覧いただきたい。この男たちは自分たちのチームをサポートするためならどんなことでもする。

 

1.ピラミッドからサンクトペテルブルクへ:対ロシア戦で「ファラオ」たちを応援するために気合をいれるエジプトのサポーターたち。6月19日。しかし残念ながら1–3で敗北を喫した。

2.セネガルを代表する模範的サポーターたち。6月19日にモスクワで行われたポーランドとの試合の後、スタジアムを掃除している。

3.コロンビアからやってきたサポーター。どうやらサランスクでロシアの友人を見つけたようだ。6月19日。

4.日本人サポーターら日本代表チームのためにすべてを捧げているが、その甲斐あって日本チームはコロンビアを2–1で破った。サポーターたちもスタジアムで後片付けをしている。

5.この目立つサポーターは間違いなくスウェーデンからニジニ・ノヴゴロドにやってきたに違いない。だとしたら、対韓国戦を1–0で突破したのも驚きではない。

6.巨大なソンブレロ、笑顔の少女たち、そして赤く熱い応援。メキシコ万歳!!6月17日、モスクワにて。

7.さて、このサポーターたちはどこの国を応援しているでしょう?その通り!彼らはドイツからやってきた。6月17日、モスクワにて。

8.ペルーの美しいサポーターがサランスクにやってきた。6月16日。

9.クロアチアの国旗の色を表すボールのような帽子。あるいはベビー用帽子。何れにしてもクロアチアチームはナイジェリアを2–0で下した。カリーニングラードにて。6月16日。

10.極めて威圧的に見えるアイスランドのサポーターが、ロシア人に頼まれセルフィーに応じている。モスクワにて。6月15日。

11.インクレディブル・ハルク、あるいはイランのサポーター?サンクトペテルブルクにて。6月15日。

12.それぞれのチームが独自のバットマンで応援する。こちらはモロッコからやってきたバットマン。モスクワにて。6月20日。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる