世紀の降雪:モスクワっ子たちは白いハルマゲドンをどう生き延びたのか?

AP
 激しい降雪と氷雨がこの週末モスクワを襲った。市政府は100年ぶりの大雪だと発表した。市内は激しい交通渋滞となり、モスクワ市民は電車や徒歩で職場へと向かったが、なかにはスキーでという人も。

楽しみ 

 雪に埋もれた車が見つからない?バルコニーのスキーを出してこよう!

 

 モスクワでついにスノーボードのシーズンが開幕!

 

 モスクワ近郊で、マンションの中庭や歩道の雪かきをしないことに反発する住民らが公益事業会社のオフィスのドアを雪の山で封じた

 

 「くっつかないようにワイパーを上げておかないと」

 

自動車

 多くのドライバーたちがまさに雪の中で車を見失った。楽観的に見れば、シャベルを持って運動する絶好の機会。

 

 雪の重みによる倒木は非常に危険。

 

 車を置いて公共交通機関で帰宅するよう呼びかける市当局。それに従う人々。

 

公共交通機関

 車を置いたからといって楽になるわけではない。雪道を押して輸送機関を動かす乗客たち。

 

 多くの電車が雪のために遅延。忍耐力を試される乗客たち。

 

空港

 モスクワの空港では飛行機の離着陸スケジュールが滅茶苦茶に。着陸予定の飛行機のキャンセルが相次ぎ、搭乗予定の乗客たちは何時間も待たされることに。

 

 「もう出発しなければならないのに・・・雪は降り続け、9時間待っている。その間ずっと“フライトが遅れています”、“フライトはキャンセルです”というアナウンスだけを聴き続けている」というユーザー@serenkookさんのインスタグラムの投稿。

 

 空港サービスはこの雪と悪戦苦闘。しかし今回だけはやるすべなし。

 

 モスクワのヴヌコヴォ空港で雪の山に囲まれた飛行機 。

 

 シェレメチェヴォ空港も立ち往生。

 

雪道

 モスクワでは350本以上の木が倒れ、複数の負傷者を出した。

 

 まるで雪に中毒したような道路。

 モスクワのセルゲイ・ソビャニン市長はモスクワの学校に対し、数日間は出席自由とするよう指示した。

 

動物たち

 雪によるトラブルに見舞われる動物たち。

 

 朝の犬の散歩もこの通り。 

 

モスクワ中心部 

 大雪の中、モスクワのランドマークも違った風景に。

 

 大雪にすっかり覆われた赤の広場。

 

 根気強く歩いているとこんな素敵な風景にも出会える。

 

 雪が織りなすモスクワの芸術作品。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む: