酷寒のシベリアで少女のまつげ凍る

気温マイナス47℃の酷寒の中を外で過ごした少女は、その衝撃的な画像をインスタグラムにアップしたが、これを現実だと信じない人もいたようだ。

 シベリアの街ヤクーツクに住む少女は、気温マイナス47℃の通りに立つと人はどうなるのかということを世界中の人々に見せた。写真を見れば、少女ナースチャのまつげが凍って固まっているのが分かる。彼女はこの画像をインスタグラムにアップしたが、どうやらこれを事実だと思わない人もいたようだ。ユーザーの中には、こんな寒いところでどうやって人が暮らせるのかと質問した人もいたという。

 ロシアのサハ共和国は最近激しい寒波に見舞われ、地域によってはマイナス60℃にまで達した。危険を冒しても近々サハに行こうという方のために、ロシアの極限の冬を生き抜くためのヒントをこちらで紹介しています。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む: