ソ連のポスターはいかに子供のしつけを教えたか

 ソ連の子供たちは、嘘をつかず、常に両親を助け、一生懸命勉強するように教えられた。それは、労働者階級と社会主義の将来の楽園をめざして効果的に働くため。こうした教育は、ポスターを通じても行われた。

1.他人の労働を尊敬しなさい!君が汚したのだから、君が掃除しなさい!

2.一滴も飲むな!(アルコールについて)

3.やめなさい!

4.これは私の仕事じゃないわ!

5.何でも自分でやれるようにしよう!

6.一生懸命勉強しよう!

7.子供をぶたないで!成長を阻害し、性格を歪めます。

8.こんな風になってはいけない!

9.「私が自分でやるわ!」生徒の皆さん、宿題は自分でやりましょう!

10.どこかの親切なおじさんが君の仕事をやってくれるのを当てにしないように。いろいろな仕事を好きになり、自分でできるようにしよう!

11.絵と音楽と歌のレッスンは間違いなく生徒の教養を高めてくれる。

12.君はこんな風じゃないか?

13.健康でありたいなら鍛えよう!

14.決して嘘をついてはいけません!

15.私たちは何でもできる!ママを手伝っている!

16.僕と君はお母さんを助けなくちゃいけない!年長者を助けよう!

17.本を好きになろう。それは知識の源泉だから。

18.ピオネールたち!労働者階級のために戦うことを学べ!

19.彼らは息子を子供の頃から甘やかした。「良い子で賢くて可愛いね!」。そしてでくの坊になってしまった。身から出た錆だ!

20.ぼんぼんに育ててはいけない!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる