ソ連史上最悪の産業・交通事故5選

ヴァレリー・ズファロフ撮影/TASS,イーゴリ・コスチン撮影/Sputnik
 ソビエト指導部はこれらの大惨事を隠蔽しようとしたが、いずれの事故もあまりに悲惨だったため、真実を隠し通すことはできなかった。

1.キシュティム事故(1957年)

キシュティム事故のときに放射能汚染を受けたムスリモヴォ村。

 キシュティム事故は、さながらチェルノブイリの「予行演習」だった。1957年9月29日、ウラル山脈の核施設で爆発が起きた。

 総人口27万人以上の広大な地域が汚染された。全員が避難せねばならず、住居や所有物を永遠に手放すことになった。家畜は直ちに射殺された。

 爆発そのものによる死者はいなかったが、数百人の一般人、事故の初期対応者、汚染除去作業員が致死量の放射能を受け、後に病気に侵された。

 ソビエトのメディアは事故を隠蔽し、「オーロラ」の出現と偽った。しかし情報が国外に漏れ、デンマークのメディアが事故を報道した。詳細が分からなかったため、ソビエトの核実験中の事故だったのではと疑われた。

2.ドニプロゼルジンシク空中衝突事故(1979年)

ドニプロゼルジンシク空中衝突事故。飛行機の尾翼。

 1979年8月11日にウクライナ・ソビエト社会主義共和国のドニプロゼルジンシク市上空で起きた2機の旅客機による空中衝突事故は、史上最悪の航空機事故の一つだ。

 事故の原因は、新米管制官が誤って2機のTu-134旅客機を向い合せに誘導したことだった。衝突の結果、両機の乗員乗客178人が死亡した。

 ソ連で起きた他の多くの大惨事と同様、この事故は初め隠蔽された。しかし犠牲者の中にサッカークラブFCパフタコールの選手17人がいたことで、国内外で大スキャンダルとなった。

 管制官2人が懲役15年の判決を受けて流刑地に送られ、うち一人は最終的に自殺した。

3.アレクサンドル・スヴォーロフ号事故(1983年)

 1983年6月5日、全速前進していたクルーズ船アレクサンドル・スヴォーロフ号は、ヴォルガ川にかかる橋をくぐる際に誤って本来とは別の径間に進入した。径間は天井が低く、このような船が通ることはできなかった。

 この結果、満員だった映画館とダンスフロアを含む船の上部が潰れて切断された。なお悪いことに、事故当時ちょうど貨物列車が橋を渡っていた。何両かの車両が横転して石炭や木材が船に落下し、犠牲者をさらに増やした。

 乗客名簿に記録されていない乗客も多かったため、正確な死者数を特定することは困難だった。176~600人がこの事故で犠牲となったと見積もられている。

4.チェルノブイリ原発事故(1986年)

 史上最も有名な民間原子力災害の一つであるチェルノブイリ原発事故は、1986年4月26日に同原発の原子炉の一つが爆発したことで起きた。

 数百~数千キロメートルにわたって拡散した放射性物質は、放射能の雨としてヨーロッパに降り注ぎ、アイルランドにまで達した。

 汚染された範囲は広大で、隣町のプリピャチをはじめ何十もの町や村が放棄され、ゴーストタウンと化した。大惨事から数年で4000人以上が事故に起因する病気で死亡した。

 驚くべきことに、チェルノブイリ立入禁止区域には東欧でも有数の良好な道路が走っている。放射性廃棄物と瓦礫を適切に運び出すため、見事に直線的な道路が作られたのだ。

5.ウファ鉄道事故(1989年)

 1989年6月4日、バシキール自治ソビエト社会主義共和国のウファ市郊外で、史上最悪の鉄道事故の一つが起きた。

 パイプラインのガス漏れによって、鉄道沿いの谷にガスが溜まり始めていた。通過する列車に乗っていた技師らから複数の苦情が出ていたが、問題は放置されたままだった。

 結局、列車2編成が谷を走っている時に大爆発が起きた。原因は煙草か火花と考えられている。爆発後に大火災が起き、車両34両が全焼、575人が死亡し623人が重症を負った。

 乗客の一人はこう証言している。「私たちが見た光景は想像を絶するものだ。木々は巨大な蝋燭のように燃え、サクランボ色の車両からは煙が立ち上っていた。何百人もの死にゆく人、火傷を負った人が苦痛と恐怖の耐え難い叫び声を上げていた。森が、鉄道が、人々が燃えていた。黙示録だった。」

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる