同志レーニンの独ソ戦中の移動:世界で最も有名な遺体の疎開

セルゲイ・グネエフ撮影/Sputnik
 大祖国戦争(独ソ戦、1941~45年)の間、ソ連の建国者、ウラジーミル・レーニンの遺体は、モスクワから密かにシベリアの荒野へ搬送された。また遺体とともに、彼の心臓、脳の一部、そして暗殺未遂で使われた弾丸も運ばれている。

 ウラジーミル・レーニンはたぶん世界で最も有名な革命家だろう。1924年に死去して以来その遺体は、モスクワの「赤の広場」に建てられた特別な霊廟にいつも安置されていた、と思う人が多い。それはほぼ当たっているが、完全に正しいわけではない。ほぼ4年間、戦争がヨーロッパ・ロシアに及んだ時期、レーニンはモスクワを「留守にしていた」からだ。

 つまり、大祖国戦争の最中、レーニンの遺体はモスクワからシベリアに密かに搬送され、戦争のほぼ全期間にわたってそこで保管されていた。

緊急避難

 ナチス・ドイツがソ連に侵攻してから最初の数週間は、事態はソ連にとって悲惨そのものだった。ドイツ軍は瞬く間にソ連の西部戦線を席巻し、バルト海沿岸部、ウクライナ西部、ベラルーシのほとんどを占領した。

 モスクワは、直ちに脅かされる状況ではなかったが、ソ連指導部は先を読み、首都の貴重品の移動について考え始めた。そのうちの一つはもちろん、「ロシア革命の指導者」の遺体だった。

 ドイツ軍の空襲がレーニン廟に及ぼし得る損害を評価するため、特別委員会が設置された。委員会は、小型爆弾でさえ、廟とその貴重な中身を粉砕するだろうと結論した。

 そこで遺体を搬送する正式決定がなされ、194173日、国家保安人民委員部(NKGB)が指令を出した。この機関は後に一文字をとってKGBとなった。

 レーニンの遺体は、シベリアの小都市チュメニに特別列車で遅滞なく送られるべし、とその指令にはあった。この都市をスターリンが選んだ理由は、ここが戦略的拠点ではなく、したがって侵略者にとっても優先目標ではなかったためだ。

 避難はちょうど時宜を得ていた。それから3週間足らずの722日には、最初のドイツの爆弾が、ソ連の首都に雨注し始めたからだ。

秘密列車

 レーニンの遺体を収容する鉄道車両には、特別なショックアブソーバー(振動を減衰させる装置)と、湿度、温度など微妙な必要条件を確保する装置が備えられており、一群の専門家からなるチームがすべてを管理、監督していた。

 安全はNKGBの将校が担当。彼らは、列車に同乗していたほか、沿線の駅にも配置されていた。また、ルートの線路は事前に慎重にチェックされていた。

 チュメニへの旅は、列車が東方へ直進した場合は1500kmだったが、北方のヤロスラヴリを経由して大きく迂回したため、それより長くなった。ヤロスラヴリ州の無人地帯がルートに選ばれたのは、極秘のミッションへの好ましからぬ関心を避けるためだった。

 77日にチュメニに無事到着したこの列車は、地元の指導者たちに出迎えられた。このとき初めて彼らは、自分たちが待ち設けていた「極秘の搬送物」の中身について知ったのだった。

 レーニンの遺体は、彼の心臓、脳の一部、弾丸といっしょに旅してきた。この弾丸は、かつて生きていた彼の体に対し、暗殺未遂で放たれたものだ。

シベリア疎開

 ウラジーミル・レーニンの遺体を納めた石棺は、元学校の空いていた建物に置かれた。エンバーミング(保存処理)専門家のチームは隣の部屋に住んでいた。建物のまわりは、NKGBのチュメニ支部によって守られ、内部施設は、モスクワからやって来たクレムリンの安全を担当する将校に保護されていた。

こういう新しい環境にもかかわらず、衛兵の交替の儀式は続けられた。この伝統はモスクワでも通常通りに行われていたので、誰も霊廟が空になったと疑う人はいなかった。

 レーニンの遺体がチュメニにあった期間は3年9ヶ月。1945年初めにソ連指導部がモスクワへの帰還を決めるまでの間だ。しかし今回は、急いで運ぶ必要はなかった。このときの作業には約1ヶ月を費やしている。1945326日、ボリシェヴィキの指導者の遺体は、霊廟の中のガラスケースに戻され、今日にいたる。

  *レーニンは、生前だけでなく死後も、何度も「攻撃」を受けている。これについてはこちらの記事でどうぞ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる