ロシア語っぽく聞こえる英語のフレーズ:Yellow blue busが「あなたが好き」に

 ロシア語っぽく聞こえる英語のフレーズを集めてみた。ロシア語を速く覚えるライフハックにどうだろうか。

 ロシア語は世界で最も難しい言語の一つだと言われるが、英語のいくつかのフレーズがロシア語っぽく聞こえることをご存知だろうか?もちろん、そういうケースのほとんどは、まったく発音が同じなわけではない。でも、下のリストに挙げたものはかなり音が近いから、覚えると便利かも。ただ、英語とは意味が全然違うことをお忘れなく。

 

  1. Yellow blue bus – Ялюблювас(あなたを愛してます)

 ロシア語で “I love you”は何て言うのか?このロマンチックなフレーズは、“ya lyublu vas” で、英語の “yellow blue bus”に発音が似ている。「あなた」ではなく「君」 、つまり既に親しい相手に言うときは、 “Я люблю тебя” (ya lyublu tebya)となる。

 

  1. Horror show – ХорошоOK、いいよ)

 矛盾するようだが、ロシア語のハラショー(OK、いいよ)は、英語の “horror show” の発音に似ている。

 

  1. What can I do? – Водкунайду!

 このロシア語は、英語の問いへの答えみたいだ。もしロシア人に “What can I do?” と聞くと、そのロシア人は、あなたが「ウォッカを探している」(vodku naidu)と思うかも。

 

  1. Chess knock – Чеснок(ニンニク)

 もしあなたが食卓にニンニクがほしいと思ったら、 “chess knock”と言おう。それがそのまま“chesnook”(ニンニク)に聞こえる。

 

  1. Two pizzas – Тупица間抜け

 もちろん、ピザはどの言語でも同じだが、あなたがいきなり「ピザを二つ」欲しがると、ロシア人の友だちは、気を悪くするかも。“tupitza” と聞こえるからで、これはロシア語では、「間抜け」「アホ」という意味になる。

 

  1. Our device is Korea – Одевайсяскорее(早く着なさい)

 例えば、あなたが急いでいるとしよう。でも、あなたのロシア人の彼(彼女)は何を着たらいいか迷っている、と。そういうときは、“our device is Korea!”と言おう。それでそのまま “odevaysya skoree”(早く着てよ)と聞こえる。

 

  1. Serve coffee – Церковь教会

 ロシアに旅行すると、美しい教会をたくさん目にすることになるだろう。ロシア語の教会 “tserkov”は覚えやすい。ただ “serve coffee” と、二つの単語を続けて発音すればいいのだ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる